カンジダは膣座薬で簡単に完治します

私、カンジダになったことがあるんです。

10数年以上前のことです。

その頃、よくカンジダになっていました。

理由は、当時、喉の病気にかかっていたので、その治療で頻繁に抗生物質の薬を飲んでいたことと、中まで洗う癖が原因だということでした。

中まで洗うと良い菌まで消えてしまうから、ということです。

カンジダだっていう診断を病院でされたときに、聞いた説明です。

初めて、カンジダ専用のオリモノを見たとき、下着の様子にびっくりしました。

カッテージチーズそのままのものが、下着に山盛りになっていたからです。

完全に性病じゃないか、と当時の彼氏に勝手に怒りを持ってしまいました。

そのときは、私はまだネットもできる環境でもなかったので、何も知識もなく、調べることもできず、薬を通販で頼むこともできませんでした。

結局、病院の診断では、抗生物質をいつも飲んでいるから、貴方が勝手に発症しているんですよ。

ということでした。

無駄な喧嘩を彼氏としてしまいました。

病院では、膣座薬が出ました。

薬の名称はちょっと覚えていないんですけど、だいぶ楽になりました。

今は、本当に便利な世の中で、カンジダ専用の膣座薬がネットで入手できるから、その当時、ネットができなかった自分に悔やんでします。

一週間くらいは膣座薬を毎日入れました。

カンジダは、再発しやすくなることもなかにはありますけど、オリモノの特徴が強いから、カンジダ以外に、見間違うことがないです。

だから、市販薬も出たんだろうなあって思っています。

病院の治療の費用は3千円前後の記憶です。

それからは、中まで洗う癖をやめました。

喉の病気も、抗生物質での治療で粘らずに、大人しく手術をして、抗生物質を使わなくても済む方向で治療をしました。

ナプキンも通気性の良いもので、蒸れないように必ず配慮するようになりました。

(岩手県盛岡市 あいさん)