性器が痒くなったらカンジダの塗り薬(フレディCCクリーム)を塗って治しています。

3年前から、カンジダに悩まされています。

何かきっかけがあったわけではないのですが、とにかく性器が痒くなって、お恥ずかしい話、掻いても掻いても…というか掻けば掻くほど痒みはひどくなる一方です。

カンジダ特有のヨーグルト状のおりものも、じゅくじゅくと出てきてしまいます。

セックスをすると、あそこのこすれにより、痒みや痛みがひどくなってしまいます。

カンジダの対処方法ですが、つい最近まで低用量ピルを飲んでいて、半年に一度ピルの処方や定期検診でレディース・クリニックに通院していたため、そのついでにアイコザールクリームを処方してもらっていました。

通院時にちょうど痒みがあるときは、内診のついでに膣剤も入れてもらっていました。

婦人科に通院されている方は、時折痒みが出るので、というと一緒に処方してもらえます。

病院によっては、痒みが出ていないとダメ!とか、膣剤を入れて消毒して、完治するまで通って!と言われますが、私の場合は不定期に痒みが出てしまうことと、軟膏で痒みが治まることが多いため、処方していただけてました。

もし婦人科に通院されていない方でも、カンジダが気になる方は、これをきっかけに子宮がん検診など、婦人科謙信を定期的に受けてみてもいいのかもしれませんね。

ちなみに、ピルを飲んでいない今は、ドラッグストアでカンジダの薬のフレディCCクリームを購入しています。

フレディCCクリーム

このフレディCCクリームは第一類医薬品で、薬剤師さんがいる薬局でないと購入できないため、いざカンジダが出たときに、薬局に行っても薬剤師さんがいなくて、すぐに入手できない可能性があります(悪夢の経験あります)。

そのため、前もってフレディCCクリームを購入しておいて、普段からポーチに入れて持ち歩くことをおすすめします。

痒くなったらサッとフレディCCクリームを塗るだけでもなんとなく安心してしまう…。

(長野県 なつこさん)