カンジダは2回目からは市販薬のフレディCC(膣錠・クリーム)で治しています。

初めてカンジダになった時はびっくりしました。

朝起きておしっこしたあと、おりものの量が多くて、白いカスのようなものが沢山出てきたのです。
すぐに「病気だ」と素人でもわかりました。

その当時20才で性行為などまったく心当たりになることはありませんので婦人科でもその旨伝えました。

ですが、その1週間前に体調を崩していて抗生剤を服用していたことを言うと原因はそれだと言われました。

抵抗力が落ちて、いい菌まで抗生剤で殺してしまったということでした。

カンジダの治療といっても、カンジダの薬を膣に入れてもらって、ビタミン剤を飲むだけです。

それでカンジダは完治しました。

カンジダというのは体力が落ちた時に再発しやすいそうです。

その後、2度ほどカンジダが悪化したことがあります。

わざわざ病院でなくても自分でカンジダの薬を使えば治ると経験上わかっているので薬局でカンジダの市販薬を買っています。

メンソレータムフレディCCクリームという塗り薬と膣に入れる錠剤と2種類のカンジダの薬を購入しました。

フレディCC膣錠

img_3254

フレディCCクリーム

これは薬剤師の方から「過去に病院でカンジダの治療を受けた経験がおありですね」と確認されてその後購入できるカンジダの薬です。

それと同じ塗り薬でもフェミニーナ軟膏はカンジダの治療薬ではないので注意が必要です。

実は私は最初、間違えてフェミニーナ軟膏を購入してしまいました。

生理など蒸れてかゆいなどには非常にいい薬だと思いますが、カンジダはカンジダ用の治療薬でないとかゆみを抑えることはできません。

経験した方ならおわかりだと思いますが、カンジダのかゆみはとても我慢できるようなものではありません。

ですから、私は治ってもカンジダの塗り薬はトイレに常備しています。

(福岡県北九州市 チョコレートさん)