再発を繰り替えすカンジダを市販のメディトリートで治しています。

初めてカンジダにかかったのは30歳の時でした。

仕事で忙しくしていた時期に飲み会でたらふく飲んで食べた次の日の朝、デリケートゾーンの灼けるような痒みとカッテージチーズ様のおりものにただごとではないことをすぐ感じ、その日は日曜だった為月曜日に即婦人科を受診しました。

症状だけ聞いてドクターの「まあ間違いなくカンジダでしょう」との診断でその時は膣剤と塗り薬を処方されすぐに治りました。

その先生は具体的に何も説明されなかったのですが、膣材は入れた数日後に溶け出して下着にべったり汚れ(白いおりもの様のもの)がつくので私はとてもびっくりしました。

その後、何度カンジダにかかかった際はそれの汚れが薬だということを知ったので最初から生理用ナプキンを着用していました。

初めての時は何の薬を使われたのか覚えていませんが、その後再発を繰り返すようになったので、都度病院は受診せず薬局で第一種薬品を扱っているところで市販薬を購入しています。

大正製薬のメディトリートシリーズを使っています。

メディトリート膣錠、メディトリートクリーム

購入の際は「過去にカンジダにかかって受診を受けたことがあるか」ということを確認されます。

初めてカンジダにかかった場合は必ず病院受診が良いと思います。

更に市販薬(メディトリート)を使用して1週間経過しても治らない際は必ず病院を受診することも伝えられます。

私の場合疲れがたまった時、暴飲暴食が続いたとき、インフルエンザで薬を飲んだ後、抗生物質を飲んだ後、によくカンジダになりますが、糖尿病の方も再発を繰り返すといわれています。

頻回にカンジダになる方は糖尿病の検査も必要かもしれません。

(島根県松江市 おきらくごくら君さん)




妊娠中ガンジダにかかりましたが、薬(膣剤)を入れて一週間ほどでよくなりました。

私はなんと25歳の妊娠中にガンジダにかかってしまいました。

この病気になればとっても痒みがすごいのです。

親にもなかなか「痒くて」と相談できないですよね。

詳しい友達に聞いても「これ病気だよ」なんていわれると恥ずかしいし・・と考えました。

また当時妊娠中だったので産婦人科にかかっていて
「やばいよ!」といわれたらどうしよう・・という怖さがありました。

しかしこれをいったら「あ、そうよくあるんだよね。妊娠中は体力や免疫が弱くなるからガンジダになりやすいんだよ」と医師が言ってくれ赤ちゃんに何かあったらと心配していたのでとっても安心しました。

このときは台に乗って、足を広げて膣の中を洗ってもらい清潔にしました。

ガンジダはおりものの検査をしてもらうとすぐに結果がでるので安心です。

中に錠剤をいれると一週間ほどでよくなるそうです。

しかしまた体が弱ったときや風を引いたときは悪くなる可能性があるということを医師に伝えられました。

ガンジダは一週間でよくなり、あの我慢できないほどの猛烈な痒みは消えました。

行く前は恥ずかしくて、どうしようとおもっていましたが、妊娠中で胎児のことも心配でしたので
とりあえず受けてみてよかったなと思いました。

夏場はとくになりやすいようで、私も妊娠中は夏場でしたので、それで群れてカビ菌が増殖したようです。

風邪を引くと必ずガンジダになるひともいるというので、少し怖い名と思いましたがよくある病気ならしょうがないなとおもいました。

(福岡県 福岡市 ゆかりさん)