性器カンジダはフェミニーナ腟カンジダ錠で治しています。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

病気というものには、がんや糖尿病など命の危険に関わるほどの恐ろしいものもあります。

けれどもそういったものばかりではなく、恥ずかしくて他の人に言い出せないような病気もあります。

例えば自分の性器に関わる病気であった場合は、なかなか人には言い出せないものです。

下手をすると、家族にさえ言い出せないこともあるほどです。

実は私もカンジダという、恥ずかしくて他の人には公表できない病気に悩まされていました。

私の場合のカンジダの症状は、とにかく痒みがひどかったです。

仕事などで外出している時であっても、あまりのカンジダの痒さに股間をかきたくなってしまいます。

けれどももちろん人前で股間をかくことなどできるわけがありません。

TPOをわきまえれば当然のことです。

特に女性が人前で股間をかきむしっている光景などを目にしたら、どうでしょうか。

もはや衝撃としか言いようがないのではないでしょうか。

そこで私はフェミニーナ腟カンジダ錠という市販の医薬品を使いました。

フェミニーナ膣カンジダ錠

結論から言うと、このフェミニーナ膣カンジダ錠でカンジダを治すことができました。

痒みがなくなったことによって、すごく気が落ち着きました。

何も病気をしていないことがどれだけ幸せなことなのかを、身をもって実感しました。

腟カンジダ錠は小林製薬が製造しています。

このフェミニーナ膣カンジダ錠のすごい所は、痒みを抑えるだけではなく、根本から治療を行ってくれるため、再発することがない点です。

有効成分オキシコナゾール硝酸塩が配合されているため、カンジダにしっかりとした効果があります。

フェミニーナ膣カンジダ錠

とてもコンパクトなサイズの腟錠であるため、膣への挿入が簡単です。

私は突然の痒みにそなえて、いつもフェミニーナ膣カンジダ錠を常備薬として持っておくようにしています。

(東京都、北区、しーちゃんさん)

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。




30歳でガンジダにかかり病院で治療しました。

これはガンジダにかかったときの症状と治療法です。

ある日お昼にじっとしていると膣がひりひりして痛いような痒いような感覚になり心配になりました。

熱を持っているような感じもありました。

トイレに行って尿をしているときも少し痛かったです。

これは不味いと思いましたが忙しくて病院にいくことができませんでした。

しかし豆腐のようなカスがあったので病気だろうと確信しすぐさまフェミニーナの薬をぬりました。

しかし不思議とよくなりませんでした。

あそこから変なにおいもするようになり、やばいと思いました。

検査では膣鏡といわれる器具をさし、診察しました。

治療は痛い感じでしたが、かゆみがなくなるなら・・と恥ずかしさをこらえました。

検査結果はガンジダといわれました。

これは性行為なしにも感染する恐れがある病気のようで驚きました。

病院で膣の中を洗ってもらい、膣の中に薬を入れました。

これはぜんぜん痛みはありません。

膣の中に一度入れれば一週間は効果のある薬にしました。

自分で入れるのも選べるけど毎日自分で入れなければいけないけどどうする?と聞かれ、もちろん一週間放置してもらうようにしました。

そうすると使い始めて3日ほどすると痒みは引いていきました。

また疲れがたまったりストレスがたまるとなるようで仕事では、ストレスをためないように気をつけます。

最近は疲れを残さないように睡眠もきっちりとると、なかなか再発にはなりません。

なので、これを継続していきたいと思います。

(福岡県若松区有毛町 みーにゃさん)