あそこがおかしいと思ったら市販薬のデリケアを使っています。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

一度かかってしまうと、癖になりやすいカンジタです。

一度かかった人は症状で分かるはずですので早目に対処するのが大事です。

病院にすぐ行けたらいいのですが、そうではない場合は市販の薬で対処します。

私でしたらデリケアを使います。

※編集部注 編集部ではカンジダ専用の膣剤、塗り薬を使用します。

病院に行けば洗浄したあとに抗菌の膣剤などを使って、数日で症状が治まることが多いです。

気をつけたいのが、かゆみや痛みが気になってトイレで拭きすぎたり洗いすぎたりするということです。

余計悪化してしまうので一番避ける必要があります。

体調を崩している時などはカンジダも発症しやすいですから、日頃から体調に気を付けて免疫力を高める食生活をします。

免疫力をつけるには乳酸菌が良いですので、かかりやすい場合は乳酸菌のサプリなどを摂っても良いですね。

カンジダになってしまうとおりものの量が増えて不快なので、おりものシートを付けますが、これが原因で更にかぶれたり荒れたり症状がひどくなってしまう場合があります。

どうしても何かを当てたい時には、布ナプキンのような肌に優しいものを使って、こまめに摂り替えるようにします。

布ナプキンがない場合は、小さめのハンカチなどを折って使ってもいいですね。

その時にも肌当たりのよいガーゼ地のものなどが好まれます。

とにかくカンジダ菌が繁殖しないように、清潔に保つことが大事です。

夏場はカンジダの症状が出る人が多いのは、やはり暑さで蒸れるというのも原因にあります。

通気性の悪いインナーではなくて、綿素材のインナーを、ボトムはズボンよりスカートのほうが良いですね。

(三重県 うめちゃんさん)

>>おすすめの乳酸菌サプリの購入はこちら

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。




カンジダにかかり婦人科に行き治療しました。

自分ではあまり疲れたと思っていませんでしたが、考えてみると残業が続いていて、不規則な生活を送っている時でした。

ショーツにつくおりものが普段と違うことに気が付きました。

ネットで調べてみると、まさに〝カッテージチーズのようなぼろぼろとしたおりもの〟がたくさんつくのです。

自分の判断でカンジダだと断言できました。

忙しかったので放置していて自然に治ることを祈っていましたが、そうもいかず、毎日かゆくて不快でした。

あまりにもかゆさがひどいので他の病気に移行するのではないか、と心配になってきたので、仕事も多少落ち着いた時にやっと診察を受ける決心をしました。

ところが私はその時点でまだ1度も婦人科に行ったことがなかったため、とても抵抗があり、近所のお医者さんに行って、出たところで知っている人に見られたら…だとか、お医者さんに変な風に思われたら嫌だなぁ、とかいう懸念があったため、行ける中で1番大きいターミナル駅の、たくさんの患者さんがいて流れ作業的にことが運びそうなクリニックを調べて、行く決心を固めました。

実際に行ってみると、カンジダ以外の何物でもなく、膣を消毒液のようなもので流し、薬をしみこませてあるというたんぽんのような物を挿入してさっさと治療は終了しました。

お医者さんは患者の顔もよく見てないような老先生で、希望通り流れ作業的でした。

看護師さんや受付のスタッフの人も流れ作業的でよかったのですが、多少怖そうな人が多く、私語もよくしていたので噂されていたらどうしよう、となぜか心配しながら帰りました。

特に処方された薬もなく、たんぽんのような物は翌日くらいに取り、しばらくしたらかゆみも止まっていました。

今生活で特に気にしていることはありませんが、もしまたカンジダになったら躊躇せずにさっさと婦人科に行けそうです。

(大阪府箕面市 kariyomiさん)