性器カンジダはフェミニーナ腟カンジダ錠で治しています。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

病気というものには、がんや糖尿病など命の危険に関わるほどの恐ろしいものもあります。

けれどもそういったものばかりではなく、恥ずかしくて他の人に言い出せないような病気もあります。

例えば自分の性器に関わる病気であった場合は、なかなか人には言い出せないものです。

下手をすると、家族にさえ言い出せないこともあるほどです。

実は私もカンジダという、恥ずかしくて他の人には公表できない病気に悩まされていました。

私の場合のカンジダの症状は、とにかく痒みがひどかったです。

仕事などで外出している時であっても、あまりのカンジダの痒さに股間をかきたくなってしまいます。

けれどももちろん人前で股間をかくことなどできるわけがありません。

TPOをわきまえれば当然のことです。

特に女性が人前で股間をかきむしっている光景などを目にしたら、どうでしょうか。

もはや衝撃としか言いようがないのではないでしょうか。

そこで私はフェミニーナ腟カンジダ錠という市販の医薬品を使いました。

フェミニーナ膣カンジダ錠

結論から言うと、このフェミニーナ膣カンジダ錠でカンジダを治すことができました。

痒みがなくなったことによって、すごく気が落ち着きました。

何も病気をしていないことがどれだけ幸せなことなのかを、身をもって実感しました。

腟カンジダ錠は小林製薬が製造しています。

このフェミニーナ膣カンジダ錠のすごい所は、痒みを抑えるだけではなく、根本から治療を行ってくれるため、再発することがない点です。

有効成分オキシコナゾール硝酸塩が配合されているため、カンジダにしっかりとした効果があります。

フェミニーナ膣カンジダ錠

とてもコンパクトなサイズの腟錠であるため、膣への挿入が簡単です。

私は突然の痒みにそなえて、いつもフェミニーナ膣カンジダ錠を常備薬として持っておくようにしています。

(東京都、北区、しーちゃんさん)

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。




カンジタ症は市販薬のメディトリートクリームで治しています。

私はよくカンジタ症が再発します。

カンジダ症になるとかゆくなったり、おりものが多くなるのです。

そしてひどい時には排尿時に痛みを感じるのです。

そんな時は、かなり炎症を起こしているという時が多いです。

そして性交渉をした時は、もっと痛みを感じてしまうのです。

カンジタ症になったら、すぐには治りません。

その時のために、いつもカンジダの薬を持ち歩いているのです。

それは患部に直接塗るタイプのものです。

かゆみがある時、少しおかしいと気付いた時には必ずその塗り薬を使うようにしています。

最初が肝心なので、少しでも異変に気づいたらすぐに使うようにしています。

私が使っているメディトリートクリームは、べたつかなくて患部にもすーっと塗り広げやすくなっているのです。

メディトリートクリーム

それを一日二回か三回使うようにしているのです。

即効性があるものではないので、すぐに効き目はありません。

だから少しでもおかしいと思った時、すぐに使うように私は持ち歩いているのです。

カンジタ症の対処法は、自分でしっかりと把握していればちゃんと治す事だってできるのです。

カンジタ症は再発をします。

せっかく治ったと思っても、またかかってしまうのです。

私はその繰り返しを何度も経験しているのです。

かゆみがひどいと、すぐにかいてしまいますがそれがもっとカンジタ症をひどくしてしまっているのです。

薬をしっかりと使って、ちゃんと治す事をしないとまたすぐになってしまうのです。

そう繰り返さないためにも、薬は持っていたいです。