あそこがおかしいと思ったら市販薬のデリケアを使っています。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

一度かかってしまうと、癖になりやすいカンジタです。

一度かかった人は症状で分かるはずですので早目に対処するのが大事です。

病院にすぐ行けたらいいのですが、そうではない場合は市販の薬で対処します。

私でしたらデリケアを使います。

※編集部注 編集部ではカンジダ専用の膣剤、塗り薬を使用します。

病院に行けば洗浄したあとに抗菌の膣剤などを使って、数日で症状が治まることが多いです。

気をつけたいのが、かゆみや痛みが気になってトイレで拭きすぎたり洗いすぎたりするということです。

余計悪化してしまうので一番避ける必要があります。

体調を崩している時などはカンジダも発症しやすいですから、日頃から体調に気を付けて免疫力を高める食生活をします。

免疫力をつけるには乳酸菌が良いですので、かかりやすい場合は乳酸菌のサプリなどを摂っても良いですね。

カンジダになってしまうとおりものの量が増えて不快なので、おりものシートを付けますが、これが原因で更にかぶれたり荒れたり症状がひどくなってしまう場合があります。

どうしても何かを当てたい時には、布ナプキンのような肌に優しいものを使って、こまめに摂り替えるようにします。

布ナプキンがない場合は、小さめのハンカチなどを折って使ってもいいですね。

その時にも肌当たりのよいガーゼ地のものなどが好まれます。

とにかくカンジダ菌が繁殖しないように、清潔に保つことが大事です。

夏場はカンジダの症状が出る人が多いのは、やはり暑さで蒸れるというのも原因にあります。

通気性の悪いインナーではなくて、綿素材のインナーを、ボトムはズボンよりスカートのほうが良いですね。

(三重県 うめちゃんさん)

>>おすすめの乳酸菌サプリの購入はこちら

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。