カンジダを格安の市販薬で治しました。

注目

カンジダにかかったら、市販薬で治しています。

私はカンジダ症にかかったあと、仕事がきつくなったり、疲れた時によくカンジダ症が再発するようになりました。

最初は病院に行っていたのですが、仕事が忙しい時なので、病院に行くのも大変です。

そこで、カンジダの市販薬を買って、治療していました。

カンジダ座薬塗り薬

市販薬は膣錠が約2000円、塗り薬が約1200円します。

病院に行く時間や治療代を考えると安いのですが、こう再発すると薬代もバカになりません。

安い治療薬がないか探してみると、海外から個人輸入すると格安で販売しているました。

カーネステン膣錠というのがあり、カンジダの市販薬として売られているエンペシド膣錠と同成分だそうです。

値段も1箱100mgの膣錠が6錠入っています。

カンジダ座薬

値段は送料込で1,563円(海外からの通販なので、為替によって値段は変わります。最新の値段は販売サイトで確認してください。)

大きさはちょっと大きな感じで入れにくいのですが、慣れれば、問題なく入るようになりました。

変だなと思ったら早めに治療しているので、だいたい数日で治ります。

カンジダがよく再発する方で、薬代を安くしたい方にはおすすめと思います。

常備薬として購入しておいてもいいと思います。

また、陰部周辺のかゆみに塗りすぐりも販売しているので、合わせて購入しておくといいと思います。

カンジダ塗り薬

>>格安のカンジダの市販薬(膣錠)の購入はこちら

>>格安のカンジダの塗り薬の購入はこちら



性器が痒くなったらカンジダの塗り薬(フレディCCクリーム)を塗って治しています。

3年前から、カンジダに悩まされています。

何かきっかけがあったわけではないのですが、とにかく性器が痒くなって、お恥ずかしい話、掻いても掻いても…というか掻けば掻くほど痒みはひどくなる一方です。

カンジダ特有のヨーグルト状のおりものも、じゅくじゅくと出てきてしまいます。

セックスをすると、あそこのこすれにより、痒みや痛みがひどくなってしまいます。

カンジダの対処方法ですが、つい最近まで低用量ピルを飲んでいて、半年に一度ピルの処方や定期検診でレディース・クリニックに通院していたため、そのついでにアイコザールクリームを処方してもらっていました。

通院時にちょうど痒みがあるときは、内診のついでに膣剤も入れてもらっていました。

婦人科に通院されている方は、時折痒みが出るので、というと一緒に処方してもらえます。

病院によっては、痒みが出ていないとダメ!とか、膣剤を入れて消毒して、完治するまで通って!と言われますが、私の場合は不定期に痒みが出てしまうことと、軟膏で痒みが治まることが多いため、処方していただけてました。

もし婦人科に通院されていない方でも、カンジダが気になる方は、これをきっかけに子宮がん検診など、婦人科謙信を定期的に受けてみてもいいのかもしれませんね。

ちなみに、ピルを飲んでいない今は、ドラッグストアでカンジダの薬のフレディCCクリームを購入しています。

フレディCCクリーム

このフレディCCクリームは第一類医薬品で、薬剤師さんがいる薬局でないと購入できないため、いざカンジダが出たときに、薬局に行っても薬剤師さんがいなくて、すぐに入手できない可能性があります(悪夢の経験あります)。

そのため、前もってフレディCCクリームを購入しておいて、普段からポーチに入れて持ち歩くことをおすすめします。

痒くなったらサッとフレディCCクリームを塗るだけでもなんとなく安心してしまう…。

(長野県 なつこさん)




カンジタ症は市販薬のメディトリートクリームで治しています。

私はよくカンジタ症が再発します。

カンジダ症になるとかゆくなったり、おりものが多くなるのです。

そしてひどい時には排尿時に痛みを感じるのです。

そんな時は、かなり炎症を起こしているという時が多いです。

そして性交渉をした時は、もっと痛みを感じてしまうのです。

カンジタ症になったら、すぐには治りません。

その時のために、いつもカンジダの薬を持ち歩いているのです。

それは患部に直接塗るタイプのものです。

かゆみがある時、少しおかしいと気付いた時には必ずその塗り薬を使うようにしています。

最初が肝心なので、少しでも異変に気づいたらすぐに使うようにしています。

私が使っているメディトリートクリームは、べたつかなくて患部にもすーっと塗り広げやすくなっているのです。

メディトリートクリーム

それを一日二回か三回使うようにしているのです。

即効性があるものではないので、すぐに効き目はありません。

だから少しでもおかしいと思った時、すぐに使うように私は持ち歩いているのです。

カンジタ症の対処法は、自分でしっかりと把握していればちゃんと治す事だってできるのです。

カンジタ症は再発をします。

せっかく治ったと思っても、またかかってしまうのです。

私はその繰り返しを何度も経験しているのです。

かゆみがひどいと、すぐにかいてしまいますがそれがもっとカンジタ症をひどくしてしまっているのです。

薬をしっかりと使って、ちゃんと治す事をしないとまたすぐになってしまうのです。

そう繰り返さないためにも、薬は持っていたいです。