カンジダ菌を押さえつけるには乳酸菌サプリがおすすめです。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

女性の敵と言ってもいいぐらいの病気であるカンジダの情報を簡単にではありますが解説してみようと思います。

まず、このカンジダという症状ですが、女性の5人に1人は経験すると言われている、比較的身近な病気でもあります。

症状としては、腟やその近辺のかゆみや痛み、更には、排尿時にもヒリヒリとした痛みを感じるというものですね。

個人差はありますが、性交渉(SEX)の時にも痛みを伴うという女性にとっては憎たらしい敵でもあります。

このカンジダという病気は実は男性にもあるのですが、女性のほうが圧倒的に発症率が高いので今回の記事は女性に絞って執筆しています。

まず、今回のカンジダですが、予防策としてのサプリメントはあります。

それは乳酸菌が豊富に含まれているサプリを採ることであります。

カンジダが発症してしまう理由としては、カンジダ菌と呼ばれる悪玉菌の1種が増殖した時に起こるものなのです。

普段は、このカンジダ菌は善玉菌によって行動を抑えているのですが、ちょっとしたストレスや便秘などにより腸内の善玉菌が減ってしまった時にカンジダ菌が待っていましたと言わんばかりに増殖をし、結果的にカンジダを発症してしまうのです。

大事なのは日頃の生活の中でストレスを溜め込まないことなのですが、現代社会ではまず難しいことでもあります。

そこで、サプリメントで乳酸菌を増やしカンジダ菌を大人しくさせるという方法が一番有効なのであります。

カンジダには乳酸菌サプリが一番有効だと思ってもらっても構わないと私は感じます。

カンジダを治す薬ではなく、カンジダ菌を大人しくさせておくための乳酸菌サプリを私はおすすめしたいと思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

(静岡県 ヒデコさん)

>>乳酸菌サプリの購入はこちら




カンジダの苦しみから解放されるサプリがあります。

カンジダまったく悩まされる事の無い人もいれば、一度掛かると繰り返し苦しめられる人もいる、なかなか厄介な存在です。

発症する場所が場所なだけに、性病の一種と思われがちなカンジダですが、その正体はカビの一種なので、風邪などと同じただの感染症なんですよね。

カンジダを引き起こす原因は、カンジダ真菌によるものですが、カンジダ真菌そのものは誰の体にも住み着いている常在菌の一つです。

デリケートゾーンの洗いすぎによる常在菌バランスの乱れ、下着や生理用品等による蒸れ、抗生物質の服用、睡眠不足やストレス、消化不良等による免疫力の低下など、カンジダが発症する原因はさまざまですが、再発させない為には免疫力を高めれば良いという事になります。

●乳酸菌
腸内環境を良くして免疫力を強化することで有名な乳酸菌の中でも、デーデルライン桿菌はカンジダに対する効果が高いので、乳酸菌サプリを飲む際には、デーデルライン桿菌が配合されているサプリを選ぶようにしましょう。

デーデルライン桿菌はもともと体内に存在する乳酸菌で、膣内に悪玉菌が増えるのを防ぐ作用があります。

●オレガノオイル
肉料理と相性の良い香辛料やハーブティーとして知られるオレガノですが、殺菌作用、抗炎症作用、胃腸機能の向上効果があるため、カンジダの再発予防や症状の緩和に役立ちます。

更年期障害や月経前症候群にも効果のあるハーブですが、ホルモンバランスの調整作用があることから、妊娠中や授乳中の方は避けたほうが良い成分です。

●パウダルコ
別名タヒボや紫イペとも呼ばれるハーブで、抗菌作用、抗ウィルス作用、抗炎症作用、免疫力強化作用があります。

デトックス作用もあるため、健康目的や再発予防のために、日常的に摂取するのも良いかも知れませんね。

どれも辛いカンジダの予防や症状軽減作用が期待できるものですので、体質での相性、プラスアルファの効能、飲みやすさなどから、続けやすそうなものを選んでみて下さいね。

(東京都 ゆかりさん)