カンジダになった時は病院で処方された薬や市販のフェミニーナ膣カンジダ錠で治療しています。

フェミニーナ膣カンジダ錠

私はカンジダの常習犯です。

今までに三度カンジダにかかっています。

一回目にカンジダにかかった時は仕事が大変忙しく、睡眠もろくに取れておらず精神的なストレスも非常に大きかったときです。

その一度でカンジダにかかる癖がついてしまったのか、二回目と三回目は妊娠中にカンジダにかかってしまいました。

妊娠中はただでさえカンジダになりやすいようなので、完全に癖になってしまったのですね……。

カンジダにかかた三回とも共通して、おりものが白くポロポロすることと、陰部に痒みがあったので、とても自然治癒では治らないなと思うくらいの症状でした。

一回目にカンジダにかかった時はかかりつけの婦人科に行き、二回目は妊婦検診時に指摘あり、三回目は次回の妊婦検診まで日が開いてしまったときの発症だったので、市販のカンジダの治療薬で治しました。

一回目と二回目は病院で処方されたカンジダ膣錠を一週間分使い、三回目は市販のフェミニーナ軟膏と、同じくフェミニーナ膣錠を一週間分(一箱)を使いました。

フェミニーナ膣カンジダ錠錠

カンジダの市販薬の軟膏と膣錠は合計で3000円程かかってしまい、病院にかかるのとどちらが安いかくらいの金額だったので、次回の検診を待たずにすぐ病院へ行ったほうがよかったなと少し後悔しました。

いつの時も大体、カンジダ膣錠を使いきるタイミングの一週間で完治しています。

カンジダ膣錠を使い始めるとすぐに陰部の痒みが治まってきて、気がつくとおりものもいつもと同じようになっているのが三度とも共通です。

体の環境が変わるとカンジダにかかりやすいような気がするので、なるべくストレスはためず、睡眠をしっかり取るようにはいつも心がけています。

(長野県佐久市 みかこさん)