カンジダ症は病院で処方してもらった膣座薬とオイラックスで治しました。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

私がカンジダ症になったのは、結婚して間もない頃でした。

強い痒みがあり、それがおりものがあると同時だったので、気持ちが悪くすぐ産婦人科へ行きました。

検査をして、「カンジダです。性交経験者にしか見られない病気です」と言われましたが、初めて聞く病名でよくわかりませんでした。

※編集部注、カンジダは性交経験者以外でも感染する病気です。

カンジダの薬は、膣の中に入れる座薬と

塗り薬としてオイラックスが処方されました。
※編集部注、オイラックスはカンジダ用の抗菌クリームではなく、抗生物質入りのクリームです。

膣に入れる薬は1日1回で3日分、オイラックスは1日3回塗ることになっていましたが、痒みが強い場合は塗って良いということでした。

その頃は働いていたので、仕事中も痒み出た時は、トイレへ行って薬を塗りました。

また、カンジダの座薬は溶けると白い成分が下着に下りて来るので、ちょっと困りました。

生理用のナプキンを当てると良いと思います。

膣の中に入れる座薬の方の名前はわかりませんが、カンジダ菌を殺すものだということでした。

1週間程でもう一度検査をして、菌が無い事がわかり、治癒しました。

先生の話では、夫も検査を受けた方がいいんだけどね、とのことでしたが、特に強く言われなかった所為か、夫は病院へは行きませんでした。

先生のお話から、感染源は夫だったようです。

中にはカンジダを繰り返す人もいるそうですが、取りあえず市販のオイラックスやフェミニーナ軟膏を塗って痒みを抑えても、必ず医療機関で検査をして貰う方が良いと思います。

まず、その痒みがカンジダかどうかを検査し、また薬を使い終った後、確実に菌が無くなっているかの再検査も必要だからです。

(埼玉県 ツタンらーめんさん)

>>カンジダの膣座薬の購入はこちら

>>オイラックスの購入はこちら




性交したことの無い女性はカンジダにはならないそうです(編集者注あり)

私がカンジダに罹ったのは、結婚して数か月経った時でした。

陰部が猛烈に痒くなり、特におりものが下りた時に痒みが起きるように感じました。

すぐ近くの病院の産婦人科を受診しましたが、検査をした後先生に言われたのが「カンジダというカビに依るものです」と言われた時は、思わず「カビですか!?」と驚きました。

また、先生は「性交をしたことのない女性には起こりません」と言われたので、原因は主人ということになるのでしょうか?

「主人も検査をした方がよいでしょうか?」

と聞きましたが、私の症状が酷くないのでよいということになりました。

これでも軽い方なのかとショックでしたが、看護師さんは「あなただけではなく、他にも罹る人はいますからね」と慰めてくれました。

治療は、1日1回膣の中に入れる座薬と、痒みがある時に陰部に塗る薬としてオイラックスが処方されました。

これで痒みがなくなればもう来なくて良いということで、1週間ほどかかりましたが、薬を頂いてからは日に日に良くなっていきました。

ただ、座薬を入れて内部のカビを退治するのですが、溶けた薬が白く下着に着きますし、薬や菌がまた肌に着くのも嫌ですから、ナプキン等を当てていた方が良いかもしれません。

幸い私はカンジダに罹ったのはその時一度だけでしたが、中には繰り返す人もいると言います。

また、陰部の痒みには、他にも湿疹、アトピーなど他にも原因があることがあるので、おかしいと思ったらすぐに産婦人科を受診する方が良いと思います。

(埼玉県 ツタンらーめんさん)

注)このブログ記事は個人の意見でお医者様の意見ではありません。
  性交したことのない方でもカンジダのかかることがあります。(編集者注)

>>オイラックスの購入はこちら