陰部が痒い!膣カンジダはテルビナフィン塩酸塩クリーム(ラミシールクリーム)で治しました。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

わたしは夫と死別をしておりますので、しばらく性交渉などはしていなかったのです。

しかし、昨年の夏にどうも陰部がかゆいなと思っていておかしいと考えていました。

忙しさにかまけて自分で体をケアするなどをしましたが、かゆさは日増しにますばかりだったのです。

あまりのひどさに、患部がかゆくてふるえがきてしまうほどでした。

さらに、出産はしていませんが、婦人科系の病気の経験があるために、産婦人科への通院は抵抗がありません。

そのため、思いきって、近所の産婦人科を受診したのです。

今までの経緯を話しまして、検査をおこなって「レスタミンコーワクリーム1%」という薬の処方(かゆみどめ)してもらいました。

そして、数日後に検査結果を聞きにいったら、カンジダ菌がいて驚きました。

医者の説明では、誰でもカンジダ菌はもっているとの話だったのです。

それが何かのストレスで、体の力がカンジダ菌を抑えきれずに、増殖してしまいかゆみなどをひきおこすと説明をうけました。

今は便利なものがあるもので、医師が7日間、カンジダ菌をなくす座薬を膣にいれてくれたのです。

そして、ラミシールジェネリックのテルビナファン塩酸塩クリーム1%「サワイ」という薬を「かゆい」時に患部につけて欲しいと指示をうけました。

1週間ぐらいきちんとケアをしてなおりました。

それから、通気性のよい下着、ストレスがない生活を心がけています。

カンジダ症一度おこしたら再発してしまうことも多いとインターネットで記載されていましたので、またかゆみがでたら病院を受診することを考えています。

(愛知県、夕暮れさん)

>>カンジダ膣座薬はこちらで購入できます。

>>カンジダ抗菌クリーム(テルビナファン塩酸塩クリーム)はこちらで購入できます。




性器が痒くなったらカンジダの塗り薬(フレディCCクリーム)を塗って治しています。

3年前から、カンジダに悩まされています。

何かきっかけがあったわけではないのですが、とにかく性器が痒くなって、お恥ずかしい話、掻いても掻いても…というか掻けば掻くほど痒みはひどくなる一方です。

カンジダ特有のヨーグルト状のおりものも、じゅくじゅくと出てきてしまいます。

セックスをすると、あそこのこすれにより、痒みや痛みがひどくなってしまいます。

カンジダの対処方法ですが、つい最近まで低用量ピルを飲んでいて、半年に一度ピルの処方や定期検診でレディース・クリニックに通院していたため、そのついでにアイコザールクリームを処方してもらっていました。

通院時にちょうど痒みがあるときは、内診のついでに膣剤も入れてもらっていました。

婦人科に通院されている方は、時折痒みが出るので、というと一緒に処方してもらえます。

病院によっては、痒みが出ていないとダメ!とか、膣剤を入れて消毒して、完治するまで通って!と言われますが、私の場合は不定期に痒みが出てしまうことと、軟膏で痒みが治まることが多いため、処方していただけてました。

もし婦人科に通院されていない方でも、カンジダが気になる方は、これをきっかけに子宮がん検診など、婦人科謙信を定期的に受けてみてもいいのかもしれませんね。

ちなみに、ピルを飲んでいない今は、ドラッグストアでカンジダの薬のフレディCCクリームを購入しています。

フレディCCクリーム

このフレディCCクリームは第一類医薬品で、薬剤師さんがいる薬局でないと購入できないため、いざカンジダが出たときに、薬局に行っても薬剤師さんがいなくて、すぐに入手できない可能性があります(悪夢の経験あります)。

そのため、前もってフレディCCクリームを購入しておいて、普段からポーチに入れて持ち歩くことをおすすめします。

痒くなったらサッとフレディCCクリームを塗るだけでもなんとなく安心してしまう…。

(長野県 なつこさん)




あそこがおかしいと思ったら市販薬のデリケアを使っています。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

一度かかってしまうと、癖になりやすいカンジタです。

一度かかった人は症状で分かるはずですので早目に対処するのが大事です。

病院にすぐ行けたらいいのですが、そうではない場合は市販の薬で対処します。

私でしたらデリケアを使います。

※編集部注 編集部ではカンジダ専用の膣剤、塗り薬を使用します。

病院に行けば洗浄したあとに抗菌の膣剤などを使って、数日で症状が治まることが多いです。

気をつけたいのが、かゆみや痛みが気になってトイレで拭きすぎたり洗いすぎたりするということです。

余計悪化してしまうので一番避ける必要があります。

体調を崩している時などはカンジダも発症しやすいですから、日頃から体調に気を付けて免疫力を高める食生活をします。

免疫力をつけるには乳酸菌が良いですので、かかりやすい場合は乳酸菌のサプリなどを摂っても良いですね。

カンジダになってしまうとおりものの量が増えて不快なので、おりものシートを付けますが、これが原因で更にかぶれたり荒れたり症状がひどくなってしまう場合があります。

どうしても何かを当てたい時には、布ナプキンのような肌に優しいものを使って、こまめに摂り替えるようにします。

布ナプキンがない場合は、小さめのハンカチなどを折って使ってもいいですね。

その時にも肌当たりのよいガーゼ地のものなどが好まれます。

とにかくカンジダ菌が繁殖しないように、清潔に保つことが大事です。

夏場はカンジダの症状が出る人が多いのは、やはり暑さで蒸れるというのも原因にあります。

通気性の悪いインナーではなくて、綿素材のインナーを、ボトムはズボンよりスカートのほうが良いですね。

(三重県 うめちゃんさん)

>>おすすめの乳酸菌サプリの購入はこちら

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。




カンジタ症は市販薬のメディトリートクリームで治しています。

私はよくカンジタ症が再発します。

カンジダ症になるとかゆくなったり、おりものが多くなるのです。

そしてひどい時には排尿時に痛みを感じるのです。

そんな時は、かなり炎症を起こしているという時が多いです。

そして性交渉をした時は、もっと痛みを感じてしまうのです。

カンジタ症になったら、すぐには治りません。

その時のために、いつもカンジダの薬を持ち歩いているのです。

それは患部に直接塗るタイプのものです。

かゆみがある時、少しおかしいと気付いた時には必ずその塗り薬を使うようにしています。

最初が肝心なので、少しでも異変に気づいたらすぐに使うようにしています。

私が使っているメディトリートクリームは、べたつかなくて患部にもすーっと塗り広げやすくなっているのです。

メディトリートクリーム

それを一日二回か三回使うようにしているのです。

即効性があるものではないので、すぐに効き目はありません。

だから少しでもおかしいと思った時、すぐに使うように私は持ち歩いているのです。

カンジタ症の対処法は、自分でしっかりと把握していればちゃんと治す事だってできるのです。

カンジタ症は再発をします。

せっかく治ったと思っても、またかかってしまうのです。

私はその繰り返しを何度も経験しているのです。

かゆみがひどいと、すぐにかいてしまいますがそれがもっとカンジタ症をひどくしてしまっているのです。

薬をしっかりと使って、ちゃんと治す事をしないとまたすぐになってしまうのです。

そう繰り返さないためにも、薬は持っていたいです。




繰り返すカンジダ症の対処法

以前数回カンジダ症を発症し、とても辛い思いをしました。

その時に知ったことなのですが、カンジダ症と言うのは、誰もが常に持っている菌が、抵抗力を失くしたときに悪さをするだけらしいです。

なので、対処法としては、常にストレスを感じないこと、しっかり休息を取って疲れを感じないようにすること、抵抗力免疫力のつく食べ物をしっかり摂ること、などになります。

でも、それでも1度カンジダ症を発症すると繰り返しやすくなり、ちょっとした睡眠不足でもすぐにかかってしまう場合もあります。

そこで、私が特別気を付けているのは、洗いすぎずに清潔を保つこと、です。

石鹸でゴシゴシ洗ってしまうと、余計にいい菌も洗い落してしまうことになり、結果としてカンジダになりやすくなってしまうのです。

お湯でこまめに洗い流したり、オリモノシートなどを使用して数回取り替えるなどの清潔を保つことは大切です。

また、抗生物質を飲むことで発症しやすくなることもあるので、風邪を引いたときもむやみに薬を飲むことを避けるようになりました。

そして、下着の締め付けも良くありません。

きつすぎるガードルなどで密閉し、夏場汗などで蒸れると発症しやすくなります。

適度に風を通せるような、通気性のいい下着を使用するといいでしょう。

それでもどうしてもかかってしまった場合は、最初は婦人科で検査し、治療してもらうことが大切なのですが、同じ症状を何度も繰り返すようであれば、市販薬で対処も可能です。

この場合、患部も指先もしっかり洗い流し、清潔な状態で塗り込む事が大切です。

しっかりケアすれば、数日で治るものなので、その後は繰り返さないように、睡眠不足や疲れ、ストレスなどの解消を心がけるといいでしょう。

(北海道 しゅうさん)




何度も繰り返すカンジタ症の私の対処法

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

私は今までに何度でも、このカンジタ症になりました。

そしてそのたび思うのです。

「何かいい対処法はないのだろうか」と思うのです。

体の免疫力が下がってくると、すぐにカンジタ症になってしまいます。

私の場合はストレスが原因だったと思います。

そして生理の後にも、よくなったりしました。

毎日清潔を保つ事も大事です。

そしてストレスを感じない毎日をおくることも、とても大切なのです。

私はそんな時には膣錠を飲んでいました。

それはお医者さんからもらったもので、それが一番私に効くからなのです。

今まで市販のお薬も試したこともありました。

でもやはりお医者さんに診てもらうのが一番だとわかったのです。

話しを聞いて、状態を診てもらってその状態にあった薬を飲むのが一番だとわかったのです。

それにストレスを感じないで、毎日規則正しい生活をする事はもっと大事なのです。

カンジタ症になるべくかからないようにすることです。

今まではなったら、薬を飲んでいました。

でもカンジタ症にならないようにするのも、もっと大事だったのです。

かゆみが始まったら、すぐにはひきません。

だからあのかゆみを感じる前に、なんとかカンジタ症にならないようにするのです。

毎日清潔な下着を身に着けて、生理中にもちゃんとこまめにナプキンを替えるのです。

このちょっとした手間が、カンジタ症の対処法になっているのです。

これで私は何度も繰り返していた、カンジタ症にならないようになったのです。

(三重県 みみりんさん)

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。




抗生剤治療が長引く時にカンジダにかかって、エンぺシド膣錠で治しました。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

私が初めてカンジダという病気にかかったのは、就職して3年目の頃のことでした。

当時仕事が忙しく無理がたたり腎炎にかかってしまった私は、内科で抗生剤を服用する治療を受けていました。

腎炎そのものはほぼ回復してきた矢先のこと。

だいたい抗生剤治療を始めて1ヶ月弱経った頃でした。

最初は局部になんだか軽い痒みと違和感があり、そのうち良くなるだろうと思っていたのですが、その翌日には痒いどころか痛みに発展し動くのも辛くなり、たまらずどうしていいのかわからなくなって母に相談しました。

母と一緒に婦人科に診察に行き、検査の結果カンジダという聞きなれない病名を告げられました。

どうやら、カンジダは真菌、つまりカビの一種なため、激しい疲れがずっと続いていたり抗生剤治療を一定期間続けていたりすると発症すると医師から説明を受けました。

痒みを通り越して痛みとなっていたためその場で膣錠を挿入してもらって、塗り薬と膣錠を処方されました。

エンぺシド膣錠という体内で溶ける錠剤で、薬を使用するとあれほど酷かった痛みとかゆみは1日でおさまりました。

会社を休むわけにはいかなかったので、本当にこの薬の効き目には助けられました。

ただ、膣錠を使用するのが初めての私には、タンポンすら使用経験が無かったのでどう入れればいいのかわからずものすごく戸惑ったのを覚えています。

説明書を見ながら悪戦苦闘でした。ただ、確実に薬の効果を得たいのならば、私の経験上大変でも確実に奥の方まで錠剤を押しこんだ方が良いようです。

また、局部付近のかゆみには抗菌クリームの塗布が有効でした。

膣錠とクリーム剤の両方を併用したほうが炎症が治まるのが早いですね。

ひとつ注意しなければならないのは、少し良くなってくるとどうしても膣錠を使うのが面倒になりクリーム剤だけで済ましたくなりますが、症状が無くなっても1週間以上は膣錠を続けないと再発しやすいですね。

その点は真菌なので、やはり水虫とかと同じように症状が治まっても根気強く治療を継続したほうが再発を防げます。

それともうひとつ。膣錠が溶けるとどうしても下着に付いてしまうので、おりものシートなどを使用すると便利でしたよ。

(神奈川県 月あかりさん)

>>医療用医薬品のエンペシド膣錠の購入はこちら

エンペシド腟錠100mg:6錠入;
製造元: バイエル薬品 株式会社
販売元: バイエル薬品 株式会社
医薬品分類: 医療用医薬品
販売上限数: 10
重量: 19 g
メーカー希望小売価格: オープン
販売価格: 1,990 円

市販のエンペシド膣錠の購入はこちら
↓↓↓↓↓↓




ガンジダをプロバイオティクス(善玉菌)のサプリメントで予防しています。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

皆さんはガンジダ症という性感染症をご存知ですか?

このガンジダ症はストレスや栄養不足などにより皮膚や膣などでガンジダ症状が発生します。

ガンジダの菌を予防に効果のあるサプリメントがあります。

◎オレガノオイル
 このオレガノオイルはガンジダ菌には大変効果のあるの成分があります。オレガノオイル0.25mlでガンジダ菌を防いだという確認が出来た研究結果も出ています。ナイスタチンという成分でイースト菌を抑えることも出来ます。

◎プロバイオティクス(善玉菌)
 このプロバイオティクスにある、ビフィズス菌やアシドフィルス菌でバクテリアが定常なバランスを保つことが出来るのでガンジダ菌が増加することを十分に防ぐことが出来ます。

またガンジダ菌によりガンジダの症状が出ているときには食べ物には気をつけなくてはいけません。

糖分をほしがる傾向になりますので、デザートやアイスなどの甘いものを避け、果物やアルコール分の強い食事、塩分の高い食事も避けましょう。

またその代わりにオイルやナッツ系、魚や卵などの炭水化物低めのものを積極的に食事に取り入れておくと、ガンジダの症状を軽減することが出来ます。

ストレスを原因にガンジダにかかってしまうこともあるため、ストレスを貯めないような心がけをすることも必要です。

睡眠時間をしっかりとり、きちんとした食事を心がけ、嫌なことはすぐに忘れてしまうといった心の整理もしておくと、ガンジダ症状の軽減には非常に有効になるでしょう。

(福岡県 まいさん)

>>おすすめのプロバイオティックスの購入はこちら




嫌なガンジダをサプリメントで予防しています。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

あれ何となくかゆみが・・・。またガンジダ繰り返しちゃったかな。

というときに何となく何度も病院へ行くのも嫌ですしずっと薬を飲むことはなんとなく体にとって良くないような気もしますよね。

抗菌力や免疫力は食べ物やサプリメントでも十分強化できるのです。

よっぽど症状が酷いときには、病院へかかる必要があるでしょう。

しかし、予防というレベルであれば、身の回りのサプリメントや、生活を見直すだけで出来るものも多くありますので是非試してみてください。

◎ハーブ系サプリメント
毎日食事で栄養を取り入れるのも大変。

なので抗菌、殺菌作用のあるハーブ系のサプリメントを飲んでみるといいでしょう。

コブラックウォルナットはおすすめで、輸入しないと買うことは出来ません。

ビオチンやカプリル酸なども入ったハーブ系のサプリメントがありますのでこちらを飲んでみてはいかがでしょう?

もちろん膣ガンジダにも同じことが言えます。

治すならば迷わず病院へ行くべきです。

しかし、ガンジダを繰り返しその都度病院へ行くのも大変なので繰り返さないようにする予防策も重要になってきます。

例えば仕事が忙しくても、育児が忙しくても、運動や食事を気をつけることは十分に出来るので、是非空いた時間にもガンジダにならないように予防策をすることが重要です。

ハーブ系のサプリメントやニンニク生姜などの成分が非常に効果的になりますので、是非ガンジダの再発予防のために服用したらいいと思います。

それらの成分が入ったサプリメントを飲んでみてはいかがでしょうか?

(秋田みいこさん)

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。




ガンジダ菌に有効なサプリメント

ガンジダは性感染症の一つです。

しかし結構ガンジダ症の人は多くて、サプリメントも非常に有効です。

ガンジダ菌の除去や治療ですが、これらは基本的に医療の範囲になりますので、婦人科や泌尿器かなどで治療をしたほうがいいでしょう。

ガンジダ菌っていうのは普通に生活してても空気の中や食べ物にはいっていて誰でも何処でも感染しちゃう可能性が高い病気なので特に必要以上に心配する必要はありません。

しかし、このガンジダ菌は何度も繰り返し発祥することもありますのでサプリメントや食事を気をつけると十分予防出来ます。

◎にんにく
ガンジダ菌にはにんにくが有効です。

生のにんにくを食べると効果は絶大です。

◎青菜
青菜は体内を綺麗にしてくれて体内のバクテリアの成長をすすめるのでガンジタ予防には非常に効果的です。

ミネラルや、大豆イソフラボン、植物繊維やカロチンを含む食事はとっても有効です。

◎生姜
生姜の成分もとっても有効で抗炎症作用やかびを防止する作用が見られるのでガンジダ菌を駆除してくれる優れものです。

生で齧るのが嫌だなと思った場合はサプリメントなどを利用して、毎日摂取できるとガンジタ予防には有効になってくるでしょう。

ガンジダの予防をするためには清潔で湿気の少ない環境にしておくとガンジダの菌は繁殖を防げるので、身の回りを湿気の少ないようにしておきましょう。

また自分の体の中の免疫力を高めることも非常に重要になってきます。

運動不足であれば走って体を強くしたり、また睡眠不足であればしっかり寝て、免疫が強くなる生活を心がけましょう。

(北海道 やっこさん)