抗生剤治療が長引く時にカンジダにかかって、エンぺシド膣錠で治しました。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

私が初めてカンジダという病気にかかったのは、就職して3年目の頃のことでした。

当時仕事が忙しく無理がたたり腎炎にかかってしまった私は、内科で抗生剤を服用する治療を受けていました。

腎炎そのものはほぼ回復してきた矢先のこと。

だいたい抗生剤治療を始めて1ヶ月弱経った頃でした。

最初は局部になんだか軽い痒みと違和感があり、そのうち良くなるだろうと思っていたのですが、その翌日には痒いどころか痛みに発展し動くのも辛くなり、たまらずどうしていいのかわからなくなって母に相談しました。

母と一緒に婦人科に診察に行き、検査の結果カンジダという聞きなれない病名を告げられました。

どうやら、カンジダは真菌、つまりカビの一種なため、激しい疲れがずっと続いていたり抗生剤治療を一定期間続けていたりすると発症すると医師から説明を受けました。

痒みを通り越して痛みとなっていたためその場で膣錠を挿入してもらって、塗り薬と膣錠を処方されました。

エンぺシド膣錠という体内で溶ける錠剤で、薬を使用するとあれほど酷かった痛みとかゆみは1日でおさまりました。

会社を休むわけにはいかなかったので、本当にこの薬の効き目には助けられました。

ただ、膣錠を使用するのが初めての私には、タンポンすら使用経験が無かったのでどう入れればいいのかわからずものすごく戸惑ったのを覚えています。

説明書を見ながら悪戦苦闘でした。ただ、確実に薬の効果を得たいのならば、私の経験上大変でも確実に奥の方まで錠剤を押しこんだ方が良いようです。

また、局部付近のかゆみには抗菌クリームの塗布が有効でした。

膣錠とクリーム剤の両方を併用したほうが炎症が治まるのが早いですね。

ひとつ注意しなければならないのは、少し良くなってくるとどうしても膣錠を使うのが面倒になりクリーム剤だけで済ましたくなりますが、症状が無くなっても1週間以上は膣錠を続けないと再発しやすいですね。

その点は真菌なので、やはり水虫とかと同じように症状が治まっても根気強く治療を継続したほうが再発を防げます。

それともうひとつ。膣錠が溶けるとどうしても下着に付いてしまうので、おりものシートなどを使用すると便利でしたよ。

(神奈川県 月あかりさん)

>>医療用医薬品のエンペシド膣錠の購入はこちら

エンペシド腟錠100mg:6錠入;
製造元: バイエル薬品 株式会社
販売元: バイエル薬品 株式会社
医薬品分類: 医療用医薬品
販売上限数: 10
重量: 19 g
メーカー希望小売価格: オープン
販売価格: 1,990 円

市販のエンペシド膣錠の購入はこちら
↓↓↓↓↓↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>