陰部周辺のかゆみがあるカンジダを内服薬(ハリゾンシロップ)で治しています。

私が初めてカンジダになったのは、就職してすぐのことです。

はじめに陰部周辺のかゆみが出たことが発症の始まりでした。

それが一週間くらい続くと、おりものが今度は変化してきたのです。

量が増えて来て、色もやや濃くなった感じ。

そのためにやはりおかしいと思い産婦人科へ行ったのです。

特に男性から感染したという心当たりもなかったので、私はまさかカンジダとは思っていなかったのですが、医師の診察によると、カンジダは真菌、つまりカビによる感染だから、男性と接触が無くても発症するといわれたので、正直驚きました。

その後治療ではハリゾンシロップ(ファンキゾンジェネリック)という薬を1週間内服しました。

ハリゾンシロップ

その1週間内服した後に再受診をして診察を受けましたが、まだ内服を続けて方がよいだろうということで、あと一週間内服を継続しました。

その間に、陰部周辺のかゆみは軽減し、おりものも通常のものに戻った感じはしました。

医師からは一度カンジダになると、疲れなど出ると再発をしやすい、そのためにストレスはためないこと。

また清潔を保たないといけないから通気の良い下着を見につけることと指導を受けました。

現在は医師のいうことを守って、生活を急いていますが、やはりストレスがたまるとかゆみが出てくるような気がします。

そんな時には、清潔を保って早寝早起き、ストレス解消に心掛けて生活をして、ひどくならないうちに治せるように気を付けています。

出来ればもうカンジダは繰り返したくないなと思っています。

(福島県福島市、ひろさん)

>>カンジダの内服薬の購入はこちら