抗生剤治療が長引く時にカンジダにかかって、エンぺシド膣錠で治しました。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

私が初めてカンジダという病気にかかったのは、就職して3年目の頃のことでした。

当時仕事が忙しく無理がたたり腎炎にかかってしまった私は、内科で抗生剤を服用する治療を受けていました。

腎炎そのものはほぼ回復してきた矢先のこと。

だいたい抗生剤治療を始めて1ヶ月弱経った頃でした。

最初は局部になんだか軽い痒みと違和感があり、そのうち良くなるだろうと思っていたのですが、その翌日には痒いどころか痛みに発展し動くのも辛くなり、たまらずどうしていいのかわからなくなって母に相談しました。

母と一緒に婦人科に診察に行き、検査の結果カンジダという聞きなれない病名を告げられました。

どうやら、カンジダは真菌、つまりカビの一種なため、激しい疲れがずっと続いていたり抗生剤治療を一定期間続けていたりすると発症すると医師から説明を受けました。

痒みを通り越して痛みとなっていたためその場で膣錠を挿入してもらって、塗り薬と膣錠を処方されました。

エンぺシド膣錠という体内で溶ける錠剤で、薬を使用するとあれほど酷かった痛みとかゆみは1日でおさまりました。

会社を休むわけにはいかなかったので、本当にこの薬の効き目には助けられました。

ただ、膣錠を使用するのが初めての私には、タンポンすら使用経験が無かったのでどう入れればいいのかわからずものすごく戸惑ったのを覚えています。

説明書を見ながら悪戦苦闘でした。ただ、確実に薬の効果を得たいのならば、私の経験上大変でも確実に奥の方まで錠剤を押しこんだ方が良いようです。

また、局部付近のかゆみには抗菌クリームの塗布が有効でした。

膣錠とクリーム剤の両方を併用したほうが炎症が治まるのが早いですね。

ひとつ注意しなければならないのは、少し良くなってくるとどうしても膣錠を使うのが面倒になりクリーム剤だけで済ましたくなりますが、症状が無くなっても1週間以上は膣錠を続けないと再発しやすいですね。

その点は真菌なので、やはり水虫とかと同じように症状が治まっても根気強く治療を継続したほうが再発を防げます。

それともうひとつ。膣錠が溶けるとどうしても下着に付いてしまうので、おりものシートなどを使用すると便利でしたよ。

(神奈川県 月あかりさん)

>>医療用医薬品のエンペシド膣錠の購入はこちら

エンペシド腟錠100mg:6錠入;
製造元: バイエル薬品 株式会社
販売元: バイエル薬品 株式会社
医薬品分類: 医療用医薬品
販売上限数: 10
重量: 19 g
メーカー希望小売価格: オープン
販売価格: 1,990 円

市販のエンペシド膣錠の購入はこちら
↓↓↓↓↓↓




カンジダの痒さをエンペシド膣錠、アスタッド軟膏で治しました。

わたしは仕事で疲れてはいたものの、それほど体調が悪いというわけでもなかった時に、ある日突然あそこにものすごい痒みを感じました。

オリモノも白いポロポロとしたものがたくさん出てきて、これはもしや・・・と思ってネットで調べてみたらやはり「カンジダ」。

初めてなったのですが、その痒さに驚きましたし、ネットに書いてある通りにカッテージチーズのようなオリモノが大量に出てきて本当に驚きました。

すぐにかかりつけの婦人科に行きました。

先生も見るとすぐに「カンジダですね」と診断して、膣内洗浄をしてくれました。

また、抗真菌のエンペシド膣錠を膣内に入れてもらい、

抗真菌のアスタッド軟膏をもらって帰ってきました。

あそこの痒みはなかなか簡単にはとれませんし、夜も眠れないくらいに痒いです。

でも、1週間くらいでなんとか収まりました。

先生のよると、膣内は鈍感だから痒みがないのですが、カンジダ菌が外に出てくるので陰部が猛烈に痒くなるのだとのことでした。

カンジダ菌は常在菌で、膣内の菌の環境が崩れると再発しやすいということでしばらくビクビクしていました。

その後はなるべくあそこを洗う場合は石鹸を使わずにお湯だけで洗うようにしたほうがいいと知り、そうしています。

できるだけ乾燥させたほうがいいようなので、綿のパンツをはき、通気性をよくしたほうがいいですね。

また、善玉菌をよく摂るようにして免疫力を高めるようにしています。

あのカンジダの痒みはもう二度と経験したくありません・・・。

(秋田県秋田市 ウォンバットさん)

>>アスタッド軟膏はこちらから購入できます。




妊娠中の膣カンジダにかかりエンペシド膣錠で治しました。

私、妊娠中の検診の時に産婦人科で検査をして、膣カンジダと診断されました。

治療をしないで出産すると菌が赤ちゃんに感染するとのことでした。

出産までに完治しない場合は、出産時に感染予防の点滴を打ちながら出産することも説明されました。

それまで、自覚症状はあまり感じたことがなかったので、自分がカンジダであることにとても驚きました。

診断されてから、そうけば股間が痒い時があったかなと思い出したくらいです。

治療法は、医師が処方したエンペシド膣錠を6日ほど挿入しました。

その後、検診の時に検査をして、治癒していなかったので、再度膣錠を処方されました。

この薬は、挿入した後に白くてボソボソした物が出てくるので、本当に効いているのかという疑問と挿入時の不快感が嫌でした。

また、診察の時に医師に膣内洗浄をしてもらいました。

私の場合は、妊娠時の検診の時に診察をしてもらっていましたので、1か月ほどで完治の診断を受けました。

そのため、出産前に治すことができ、出産時は点滴もせずに済みました。

カンジダの治療中は、薬を入れるために下着が汚れることから、おりものシートを使っていました。
そのため、こまめにおりものシートを交換するように気をつけました。

シャワーや入浴の時は、しっかりと水気を拭き取って、細菌が繁殖しないように乾燥させるようにしました。

抵抗力が弱っていると再発しやすいとのことだったので、睡眠をしっかり取って、適度に体を動かすようにしました。

面倒な病気ですが、自分の生活を見直すきっかけになったので、勉強になりました。

(愛知県名古屋市 かもめさん)

>>エンペシド膣錠の購入はこちら




膣カンジダになり恥をしのんで、医師に伝えました!

わたしは妊娠9ヶ月で、膣カンジダになりました。

はじまりは、なんだかおりものが前と違うなあ、ということでした。

暫くすると、そのおりものがしみるようになり、膣が痒くてたまらなくなったのです。

膣口がヒリヒリして、胎動の激しさとあいまって夜も眠れなかったです。

体の抵抗力が落ちるためや、妊娠中はからだの変化がおきるために、妊婦は膣カンジダにかかりやすいそうですね。

わたしは、突き出したお腹で下腹部がよく見えないのと、恥ずかしながら臨月までつづいたつわりがきついために、あんまり清潔にしていなかったからかと思いこんでしまい、担当医が男性だったこともあり、非常に陰部が痒い、ということをうちあけにくかったです。

しかし、出産の際は、カンジダに感染した産道を赤ちゃんが通るわけですから、赤ちゃんがカンジダに侵襲されてしまうことがあるとネットで見まして、恥も外聞もなく、次の妊婦健診で『痒いです!』とうちあけました。

びっくりしたのは膣錠です。

座薬のように、薬を膣に自分で挿入するのです。

膣錠は、だいたい1週間ほど効果があるらしいのですが、2回の挿入、二週間ちょっとで治りました。

挿入すると、カッテージチーズのようなカスがたくさんでますよ、と医師にいわれましたが、本当にポロポロでました。

わたしは、『エンペシド膣錠』というものを処方してもらいました。

カンジダ膣炎の治療は保険の対象になりますので、安価でした。

確か、値段は数百円だったと記憶しています。

膣カンジダを治すポイントは、

●免疫力を高めること、妊婦は無理をしないように

●ボディソープをつかわないこと

●締め付けがきつい下着はつかわないこと

●下着および下に身につけるものは日光消毒をちゃんとすること

などでした。

(鹿児島県 川内市 あやはさん)

>>エンペシド膣錠の購入はこちら