カンジダになった時は病院で処方された薬や市販のフェミニーナ膣カンジダ錠で治療しています。

フェミニーナ膣カンジダ錠

私はカンジダの常習犯です。

今までに三度カンジダにかかっています。

一回目にカンジダにかかった時は仕事が大変忙しく、睡眠もろくに取れておらず精神的なストレスも非常に大きかったときです。

その一度でカンジダにかかる癖がついてしまったのか、二回目と三回目は妊娠中にカンジダにかかってしまいました。

妊娠中はただでさえカンジダになりやすいようなので、完全に癖になってしまったのですね……。

カンジダにかかた三回とも共通して、おりものが白くポロポロすることと、陰部に痒みがあったので、とても自然治癒では治らないなと思うくらいの症状でした。

一回目にカンジダにかかった時はかかりつけの婦人科に行き、二回目は妊婦検診時に指摘あり、三回目は次回の妊婦検診まで日が開いてしまったときの発症だったので、市販のカンジダの治療薬で治しました。

一回目と二回目は病院で処方されたカンジダ膣錠を一週間分使い、三回目は市販のフェミニーナ軟膏と、同じくフェミニーナ膣錠を一週間分(一箱)を使いました。

フェミニーナ膣カンジダ錠錠

カンジダの市販薬の軟膏と膣錠は合計で3000円程かかってしまい、病院にかかるのとどちらが安いかくらいの金額だったので、次回の検診を待たずにすぐ病院へ行ったほうがよかったなと少し後悔しました。

いつの時も大体、カンジダ膣錠を使いきるタイミングの一週間で完治しています。

カンジダ膣錠を使い始めるとすぐに陰部の痒みが治まってきて、気がつくとおりものもいつもと同じようになっているのが三度とも共通です。

体の環境が変わるとカンジダにかかりやすいような気がするので、なるべくストレスはためず、睡眠をしっかり取るようにはいつも心がけています。

(長野県佐久市 みかこさん)




性器カンジダはフェミニーナ腟カンジダ錠で治しています。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

病気というものには、がんや糖尿病など命の危険に関わるほどの恐ろしいものもあります。

けれどもそういったものばかりではなく、恥ずかしくて他の人に言い出せないような病気もあります。

例えば自分の性器に関わる病気であった場合は、なかなか人には言い出せないものです。

下手をすると、家族にさえ言い出せないこともあるほどです。

実は私もカンジダという、恥ずかしくて他の人には公表できない病気に悩まされていました。

私の場合のカンジダの症状は、とにかく痒みがひどかったです。

仕事などで外出している時であっても、あまりのカンジダの痒さに股間をかきたくなってしまいます。

けれどももちろん人前で股間をかくことなどできるわけがありません。

TPOをわきまえれば当然のことです。

特に女性が人前で股間をかきむしっている光景などを目にしたら、どうでしょうか。

もはや衝撃としか言いようがないのではないでしょうか。

そこで私はフェミニーナ腟カンジダ錠という市販の医薬品を使いました。

フェミニーナ膣カンジダ錠

結論から言うと、このフェミニーナ膣カンジダ錠でカンジダを治すことができました。

痒みがなくなったことによって、すごく気が落ち着きました。

何も病気をしていないことがどれだけ幸せなことなのかを、身をもって実感しました。

腟カンジダ錠は小林製薬が製造しています。

このフェミニーナ膣カンジダ錠のすごい所は、痒みを抑えるだけではなく、根本から治療を行ってくれるため、再発することがない点です。

有効成分オキシコナゾール硝酸塩が配合されているため、カンジダにしっかりとした効果があります。

フェミニーナ膣カンジダ錠

とてもコンパクトなサイズの腟錠であるため、膣への挿入が簡単です。

私は突然の痒みにそなえて、いつもフェミニーナ膣カンジダ錠を常備薬として持っておくようにしています。

(東京都、北区、しーちゃんさん)

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。




しつこいカンジダをフェミニーナ腟カンジダ錠で治しました。

私は子供の頃からひどいニキビに悩まされてて、皮膚科ジプシー状態だった。

でも処方された塗り薬じゃ効果が得られず、病院に行ってはニキビ治療用の抗生物質を出されてね。

そんな調子が2年くらい続いたの。

抗生物質まみれというか、今考えると抗生物質って長期間飲むものじゃないのよね。

その弊害で、私の腸内細菌は悪玉菌ばかりになったんだと思う。

悪玉菌の影響で、当然カンジダ菌が優勢になっちゃったんだろうなぁ。

初めてカンジダになったのは高校生くらいのとき。

ショーツにカッテージチーズのようなオリモノがつく日が続いて。。

女子はみんなオリモノが当たり前だと思ってたけど、ネットで調べたらそれが当たり前じゃないことに気づいたの。

カンジダって性行為が多い人がなりやすいイメージがあったから、なんだかとっても恥ずかしかったのを覚えてる。

でも高校生の私は、誰にも相談することもできず、もちろん皮膚科のせいで病院を信頼してなかったから、放置してしまったの。

それから何年かたち、カンジダ治療することに決めて、野菜を沢山とったり海外からカンジダ用サプリを取り寄せたりしてできるだけ根本から治すよう努力した。

だけど、サプリだけじゃ効果が見えにくくて、ドラックストアで売ってた

「フェミニーナ腟カンジダ錠」を購入。

フェミニーナ膣カンジダ錠

値段は2500円くらいだったかな。

腟に挿入するだけだから簡単だったし、4日くらいで痒みやおりものも少なくなったの。

あれだけ悩んだ日々は何だったのっ?!ってくらい速効性があった。

再発するのは嫌だから、食事にニンニクを入れたり、除湿機を1日中かけるようにしたり万全なカンジダ対策してるよ。

カンジダって再発しやすいから食事、睡眠、ストレスを見直す良いきっかけになったかも。

(千葉県市川市湊町 まーちゃんさん)




何回も繰り返すガンジタは市販のフェミニーナ膣剤で対応しています。

仕事で無理をして、疲れた時や、風邪を引いてもらった抗生剤の副作用でガンジタになることがたまにあります。

猛烈な掻痒感が陰部にあるので、ガンジタになったとすぐに気づきます。本当は、その時にすぐ産婦人科を受診して、膣剤を入れてもらう方がいいのですが、中々産婦人科が空いている時間に仕事が終われないので、そういう時は市販の薬で対応しています。

私がいつも使用しているのは、「フェミニーナ膣剤」です。

こちらを選んだのは、CMなどもしていたので安心感があったからです。

フェミニーナ軟膏というものもありますが、こちらも陰部の痒みや炎症に使うものですが、ガンジタの症状が出ている時は使わないでと明記されています。

明らかにガンジタの症状が出ている時は、軟膏じゃなくて膣剤の方です。

フェミニーナ膣剤を使っての感想は、症状は改善されますが、使用中は違和感があります。

膣剤というのは、大きな錠剤みたいな感じです。

それを膣に直接入れるのですが、タンポンとかで慣れていない人はちょっと怖いですし、圧で入りにくいです。

膣に入れても、中ですぐ溶けるものでもないので、異物がずっと膣内に入っているという違和感がずっとあります。

大きくはないので、痛さはありませんでしたが、日中も違和感を感じながら仕事をしていました。

産婦人科を受診しても、同じように膣剤を入れての治療になるようです。

飲み薬で治療できればいいですが、膣剤が一番効果的なようです。

抗生剤は、菌を殺す薬なので、風邪はすぐ治るのですが、良い菌も殺してしまう性質があります。

膣に常在しているガンジタにならないように守ってくれている菌も抗生剤により死滅してしまった結果ガンジタになるそうです。

抗生剤でガンジダになった場合は、その抗生剤の名前を控えておいて、次に受診するときに医師に伝えれば違う抗生剤にしてもらえます。

抗生剤の種類は沢山あるので、副作用が出たり合わなかったりするものは外してもらう方が良いです。

(兵庫県 kanatubarinさん)