カンジダになった時は病院で処方された薬や市販のフェミニーナ膣カンジダ錠で治療しています。

フェミニーナ膣カンジダ錠

私はカンジダの常習犯です。

今までに三度カンジダにかかっています。

一回目にカンジダにかかった時は仕事が大変忙しく、睡眠もろくに取れておらず精神的なストレスも非常に大きかったときです。

その一度でカンジダにかかる癖がついてしまったのか、二回目と三回目は妊娠中にカンジダにかかってしまいました。

妊娠中はただでさえカンジダになりやすいようなので、完全に癖になってしまったのですね……。

カンジダにかかた三回とも共通して、おりものが白くポロポロすることと、陰部に痒みがあったので、とても自然治癒では治らないなと思うくらいの症状でした。

一回目にカンジダにかかった時はかかりつけの婦人科に行き、二回目は妊婦検診時に指摘あり、三回目は次回の妊婦検診まで日が開いてしまったときの発症だったので、市販のカンジダの治療薬で治しました。

一回目と二回目は病院で処方されたカンジダ膣錠を一週間分使い、三回目は市販のフェミニーナ軟膏と、同じくフェミニーナ膣錠を一週間分(一箱)を使いました。

フェミニーナ膣カンジダ錠錠

カンジダの市販薬の軟膏と膣錠は合計で3000円程かかってしまい、病院にかかるのとどちらが安いかくらいの金額だったので、次回の検診を待たずにすぐ病院へ行ったほうがよかったなと少し後悔しました。

いつの時も大体、カンジダ膣錠を使いきるタイミングの一週間で完治しています。

カンジダ膣錠を使い始めるとすぐに陰部の痒みが治まってきて、気がつくとおりものもいつもと同じようになっているのが三度とも共通です。

体の環境が変わるとカンジダにかかりやすいような気がするので、なるべくストレスはためず、睡眠をしっかり取るようにはいつも心がけています。

(長野県佐久市 みかこさん)




カンジダ症は病院で処方してもらった膣座薬とオイラックスで治しました。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

私がカンジダ症になったのは、結婚して間もない頃でした。

強い痒みがあり、それがおりものがあると同時だったので、気持ちが悪くすぐ産婦人科へ行きました。

検査をして、「カンジダです。性交経験者にしか見られない病気です」と言われましたが、初めて聞く病名でよくわかりませんでした。

※編集部注、カンジダは性交経験者以外でも感染する病気です。

カンジダの薬は、膣の中に入れる座薬と

塗り薬としてオイラックスが処方されました。
※編集部注、オイラックスはカンジダ用の抗菌クリームではなく、抗生物質入りのクリームです。

膣に入れる薬は1日1回で3日分、オイラックスは1日3回塗ることになっていましたが、痒みが強い場合は塗って良いということでした。

その頃は働いていたので、仕事中も痒み出た時は、トイレへ行って薬を塗りました。

また、カンジダの座薬は溶けると白い成分が下着に下りて来るので、ちょっと困りました。

生理用のナプキンを当てると良いと思います。

膣の中に入れる座薬の方の名前はわかりませんが、カンジダ菌を殺すものだということでした。

1週間程でもう一度検査をして、菌が無い事がわかり、治癒しました。

先生の話では、夫も検査を受けた方がいいんだけどね、とのことでしたが、特に強く言われなかった所為か、夫は病院へは行きませんでした。

先生のお話から、感染源は夫だったようです。

中にはカンジダを繰り返す人もいるそうですが、取りあえず市販のオイラックスやフェミニーナ軟膏を塗って痒みを抑えても、必ず医療機関で検査をして貰う方が良いと思います。

まず、その痒みがカンジダかどうかを検査し、また薬を使い終った後、確実に菌が無くなっているかの再検査も必要だからです。

(埼玉県 ツタンらーめんさん)

>>カンジダの膣座薬の購入はこちら

>>オイラックスの購入はこちら




かゆくてたまらないカンジダを市販薬のフェミニーナ軟膏で治しました。

突然だったのです。

突然すごいかゆみに襲われました。

今までそんな事はなかったのに、きっと疲れが原因だったと思います。

それがカンジタだとわかりました。

聞いたことはあったのですが、まさか実際私がなるとは思ってもいませんでした。

少しかゆいなと思って、気づいたらもっとかゆくなっていたのです。

鏡で見たら真っ赤になっていました。

私は口コミで調べて、すぐに薬を買いに行ったのです。

本当は病院へ行ったほうがいいのでしょうが、恥ずかしくて行きたくなかったのです。

そんな時、フェミニーナの事を知ったのです。

軟膏なので塗るだけでいいのです。

非ステロイドなので、安心して治るまで使い続ける事もできました。

即効性があったので、思ったよりも早く治ったみたいです。

私はかゆみが治まったのが三日ほどでした。

でもしっかりと治るまで、一週間は塗り続けたのです。

途中でやめると、きっとまたかゆみがぶり返すと思ったからです。

塗った感じもヒリヒリする事もないし、べたつく事もありませんでした。

だから私は一日三回ほどは、塗り続けたいたのです。

少しかゆいなと思ったら、早めに塗ったほうがいいと思います。

私の場合は、かゆみがひどくて炎症を起こしていた時だったのです。

もっと早めに使っていたら、きっともっと早くに治っていたかもしれません。

今では疲れたらしっかりと休むようにしています。

そして履いている下着も毎日、清潔なものをつけるように心がけているのです。

(三重県四日市市 ななみんさん)




お股が痒い!カンジダは市販のフェミニーナ軟膏Sで治しています。

女性が一番起こりやすいデリケート部分のトラブルと言っても過言ではない「膣カンジダ」。

よく性感染症と勘違いしがちですが、カンジダは常在菌の一種なので、免疫力が低下した時や抗生物質を長く服用した時などにも発症します。

私の場合は、抗生物質の服用や、少し生理が長引き、生理用ナプキンを使用する期間が長いと発症します。蒸れが原因なのでしょう。

「ん?お股が痒い!」と思ったら、すぐカンジダを疑います。

他の性感染症である場合もあるので、ちゃんと婦人科に受診して原因を突き止めるのが一番なのですが、私は何度かなった事があるので、症状で判断してしまいます。

おりものが酒粕のようなボソボソした物で、膣の周りが徐々に痒くなっていきます。おりものに悪臭がなければカンジダではないかと判断します。

あまり放置せず、ちょっとでも痒いと感じたらすぐに薬を塗ります。

私は市販されているフェミニーナ軟膏Sをいつも利用しています。非ステロイドで低刺激なので、使っていて安心です。

ドラッグストアで手軽に購入出来るので、恥ずかしい事もありません。

カンジダになった時は石鹸やボディソープで陰部は洗わず、優しくお湯で洗う程度にします。

お風呂上がりに痒い部分にフェミニーナ軟膏Sを塗布するだけです。

匂いも臭くないですし、ベタつきも無く、とても使いやすい軟膏です。

お風呂上がりや日中に痒みを感じたら数回塗布しています。外出時も携帯出来る大きさなので安心です。

虫さされや蕁麻疹などにも効能があるようなので、陰部の痒みだけでなく利用できるので一石二鳥です。

(静岡県静岡市 M.Hさん)

※この記事は個人の意見です。
フェミニーナ軟膏Sはかゆみを止めてくれるお薬ですが、抗菌剤ではないので、カンジダが治るとは限りません。
できるだけ、カンジダ菌用の抗菌クリーム(軟膏)のご使用をおすすめします。