カンジダの痒さをエンペシド膣錠、アスタッド軟膏で治しました。

わたしは仕事で疲れてはいたものの、それほど体調が悪いというわけでもなかった時に、ある日突然あそこにものすごい痒みを感じました。

オリモノも白いポロポロとしたものがたくさん出てきて、これはもしや・・・と思ってネットで調べてみたらやはり「カンジダ」。

初めてなったのですが、その痒さに驚きましたし、ネットに書いてある通りにカッテージチーズのようなオリモノが大量に出てきて本当に驚きました。

すぐにかかりつけの婦人科に行きました。

先生も見るとすぐに「カンジダですね」と診断して、膣内洗浄をしてくれました。

また、抗真菌のエンペシド膣錠を膣内に入れてもらい、

抗真菌のアスタッド軟膏をもらって帰ってきました。

あそこの痒みはなかなか簡単にはとれませんし、夜も眠れないくらいに痒いです。

でも、1週間くらいでなんとか収まりました。

先生のよると、膣内は鈍感だから痒みがないのですが、カンジダ菌が外に出てくるので陰部が猛烈に痒くなるのだとのことでした。

カンジダ菌は常在菌で、膣内の菌の環境が崩れると再発しやすいということでしばらくビクビクしていました。

その後はなるべくあそこを洗う場合は石鹸を使わずにお湯だけで洗うようにしたほうがいいと知り、そうしています。

できるだけ乾燥させたほうがいいようなので、綿のパンツをはき、通気性をよくしたほうがいいですね。

また、善玉菌をよく摂るようにして免疫力を高めるようにしています。

あのカンジダの痒みはもう二度と経験したくありません・・・。

(秋田県秋田市 ウォンバットさん)

>>アスタッド軟膏はこちらから購入できます。