カンジダはもしかして性病かもしれません

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

付き合ってない男性と、性交したからでしょうか。

私はかゆくなってしまったのです。

大事な部分がとてもかゆいのです。

きっと膣のあたりだと思います。

友人に相談したら、それはきっとカンジタだと言われました。

初めて聞く言葉なので、ネットでいろいろと調べてみました。

するとほっておいても、かゆみがひく事はないみたいです。

そして何か嫌なニオイもするのです。

すっぱいような、鼻につく嫌なニオイなのです。

これがカンジタというものだったのです。

私は下着にも、いつもと違うオリモノがついている事に気づいたのです。

いつもは白っぽいものだったのに、これは黄色いものでした。

明らかに違うオリモノだったのです。

だからこれがカンジタだと確信しました。

病院へ行って診察を受けて、お薬をもらったらすぐに治ると言われました。

でも暇もないので、私は市販品の塗り薬を買ったのです。

それがクロマイP軟膏のジェネリックのハイセチンP軟膏だったのです。

結構有名で、カンジタにはとても効果のある薬だったのです。

そして塗り薬なので、私でも簡単に使えました。

毎日かゆいところに塗って、清潔にしていたのです。

不潔にしていても治る事はありません。

普段だってそうなのです。

普段から清潔を心がけていました。

お風呂でもこすらずに、きれいに丁寧に洗うようにしていたのです。

下着だってきれいな、清潔な下着をつけていたのです。

そして二度と性病にもかからないように、十分気を付けていたのです。

日頃から注意していました。

(三重県四日市市 ななおさん)

>>クロマイ-P軟膏のジェネリックの購入はこちら