陰部の猛烈な痒みのカンジダに治療にエンペシドクリームとエルシド膣錠を使いました。

陰部の痒みが今までなかったことはないけれど、生理中の蒸れなどの痒みでほとんどすぐ治まっていました。

でもある夏の日に、猛烈な陰部の痒みを感じました。

仕事していても痒くて痒くて仕方なく、トイレに行って服の上から強く掻いてその場をしのいだり、市販のかゆみ止めを塗ったりして対処していました。

でもあまりにも痒みが酷く皮膚がこすれて血が出て来るほどになりました。

夜は布団に入ってからも猛烈な痒みに襲われ、昼夜問わずその痒みから仕事にもならない程でした。

もしかしたら何か怖い病気でも発症したのか、不安と恥ずかしさもありましたが恐る恐る婦人科へ行ったところカンジダ膣炎と言われました。

それから1週間毎日通院し、陰部洗浄をすると同時にエンペシドクリームとエルシド膣錠が処方されました。

陰部に白く残るおりものもカンジダ膣炎の特徴で、薬を使用してからは次第におりものも治まってきました。

エンペシドクリームは痒みを感じたらすぐ塗って対応でき、また膣錠も初めて使うものでしたがこれらを使用するとまもなく痒みも治まっていきました。

カンジダ膣炎は過度なストレスや疲れなどで身体の免疫力が弱ったときや、抗生物質を服用すると身体にいい菌まで減らされることからカンジダ菌が増殖し発症するとのことです。

ちょうどその頃は夏バテしていたのと、仕事やプライベートなどで悩んでいた時期なのも重なって発症したものと思われます。

婦人科系の病気でもしかしたら悪い病気かもと怖くなり、なかなか決心がつきませんでしたが、カンジダ膣炎は誰でも発症するし、陰部洗浄と薬を使うことですぐ治る病気とも知ったので早い対処が必要だと感じました。

その後はカンジダ膣炎を発症することなく過ごしてますが、なるべくストレスを溜め込まない生活が大事だと意識しています。

(茨城県 風船さん)




あそこがおかしいと思ったら市販薬のデリケアを使っています。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

一度かかってしまうと、癖になりやすいカンジタです。

一度かかった人は症状で分かるはずですので早目に対処するのが大事です。

病院にすぐ行けたらいいのですが、そうではない場合は市販の薬で対処します。

私でしたらデリケアを使います。

※編集部注 編集部ではカンジダ専用の膣剤、塗り薬を使用します。

病院に行けば洗浄したあとに抗菌の膣剤などを使って、数日で症状が治まることが多いです。

気をつけたいのが、かゆみや痛みが気になってトイレで拭きすぎたり洗いすぎたりするということです。

余計悪化してしまうので一番避ける必要があります。

体調を崩している時などはカンジダも発症しやすいですから、日頃から体調に気を付けて免疫力を高める食生活をします。

免疫力をつけるには乳酸菌が良いですので、かかりやすい場合は乳酸菌のサプリなどを摂っても良いですね。

カンジダになってしまうとおりものの量が増えて不快なので、おりものシートを付けますが、これが原因で更にかぶれたり荒れたり症状がひどくなってしまう場合があります。

どうしても何かを当てたい時には、布ナプキンのような肌に優しいものを使って、こまめに摂り替えるようにします。

布ナプキンがない場合は、小さめのハンカチなどを折って使ってもいいですね。

その時にも肌当たりのよいガーゼ地のものなどが好まれます。

とにかくカンジダ菌が繁殖しないように、清潔に保つことが大事です。

夏場はカンジダの症状が出る人が多いのは、やはり暑さで蒸れるというのも原因にあります。

通気性の悪いインナーではなくて、綿素材のインナーを、ボトムはズボンよりスカートのほうが良いですね。

(三重県 うめちゃんさん)

>>おすすめの乳酸菌サプリの購入はこちら

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。




繰り返すカンジダ症の対処法

以前数回カンジダ症を発症し、とても辛い思いをしました。

その時に知ったことなのですが、カンジダ症と言うのは、誰もが常に持っている菌が、抵抗力を失くしたときに悪さをするだけらしいです。

なので、対処法としては、常にストレスを感じないこと、しっかり休息を取って疲れを感じないようにすること、抵抗力免疫力のつく食べ物をしっかり摂ること、などになります。

でも、それでも1度カンジダ症を発症すると繰り返しやすくなり、ちょっとした睡眠不足でもすぐにかかってしまう場合もあります。

そこで、私が特別気を付けているのは、洗いすぎずに清潔を保つこと、です。

石鹸でゴシゴシ洗ってしまうと、余計にいい菌も洗い落してしまうことになり、結果としてカンジダになりやすくなってしまうのです。

お湯でこまめに洗い流したり、オリモノシートなどを使用して数回取り替えるなどの清潔を保つことは大切です。

また、抗生物質を飲むことで発症しやすくなることもあるので、風邪を引いたときもむやみに薬を飲むことを避けるようになりました。

そして、下着の締め付けも良くありません。

きつすぎるガードルなどで密閉し、夏場汗などで蒸れると発症しやすくなります。

適度に風を通せるような、通気性のいい下着を使用するといいでしょう。

それでもどうしてもかかってしまった場合は、最初は婦人科で検査し、治療してもらうことが大切なのですが、同じ症状を何度も繰り返すようであれば、市販薬で対処も可能です。

この場合、患部も指先もしっかり洗い流し、清潔な状態で塗り込む事が大切です。

しっかりケアすれば、数日で治るものなので、その後は繰り返さないように、睡眠不足や疲れ、ストレスなどの解消を心がけるといいでしょう。

(北海道 しゅうさん)




何度も繰り返すカンジタ症の私の対処法

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

私は今までに何度でも、このカンジタ症になりました。

そしてそのたび思うのです。

「何かいい対処法はないのだろうか」と思うのです。

体の免疫力が下がってくると、すぐにカンジタ症になってしまいます。

私の場合はストレスが原因だったと思います。

そして生理の後にも、よくなったりしました。

毎日清潔を保つ事も大事です。

そしてストレスを感じない毎日をおくることも、とても大切なのです。

私はそんな時には膣錠を飲んでいました。

それはお医者さんからもらったもので、それが一番私に効くからなのです。

今まで市販のお薬も試したこともありました。

でもやはりお医者さんに診てもらうのが一番だとわかったのです。

話しを聞いて、状態を診てもらってその状態にあった薬を飲むのが一番だとわかったのです。

それにストレスを感じないで、毎日規則正しい生活をする事はもっと大事なのです。

カンジタ症になるべくかからないようにすることです。

今まではなったら、薬を飲んでいました。

でもカンジタ症にならないようにするのも、もっと大事だったのです。

かゆみが始まったら、すぐにはひきません。

だからあのかゆみを感じる前に、なんとかカンジタ症にならないようにするのです。

毎日清潔な下着を身に着けて、生理中にもちゃんとこまめにナプキンを替えるのです。

このちょっとした手間が、カンジタ症の対処法になっているのです。

これで私は何度も繰り返していた、カンジタ症にならないようになったのです。

(三重県 みみりんさん)

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。




カンジダは膣座薬で簡単に完治します

私、カンジダになったことがあるんです。

10数年以上前のことです。

その頃、よくカンジダになっていました。

理由は、当時、喉の病気にかかっていたので、その治療で頻繁に抗生物質の薬を飲んでいたことと、中まで洗う癖が原因だということでした。

中まで洗うと良い菌まで消えてしまうから、ということです。

カンジダだっていう診断を病院でされたときに、聞いた説明です。

初めて、カンジダ専用のオリモノを見たとき、下着の様子にびっくりしました。

カッテージチーズそのままのものが、下着に山盛りになっていたからです。

完全に性病じゃないか、と当時の彼氏に勝手に怒りを持ってしまいました。

そのときは、私はまだネットもできる環境でもなかったので、何も知識もなく、調べることもできず、薬を通販で頼むこともできませんでした。

結局、病院の診断では、抗生物質をいつも飲んでいるから、貴方が勝手に発症しているんですよ。

ということでした。

無駄な喧嘩を彼氏としてしまいました。

病院では、膣座薬が出ました。

薬の名称はちょっと覚えていないんですけど、だいぶ楽になりました。

今は、本当に便利な世の中で、カンジダ専用の膣座薬がネットで入手できるから、その当時、ネットができなかった自分に悔やんでします。

一週間くらいは膣座薬を毎日入れました。

カンジダは、再発しやすくなることもなかにはありますけど、オリモノの特徴が強いから、カンジダ以外に、見間違うことがないです。

だから、市販薬も出たんだろうなあって思っています。

病院の治療の費用は3千円前後の記憶です。

それからは、中まで洗う癖をやめました。

喉の病気も、抗生物質での治療で粘らずに、大人しく手術をして、抗生物質を使わなくても済む方向で治療をしました。

ナプキンも通気性の良いもので、蒸れないように必ず配慮するようになりました。

(岩手県盛岡市 あいさん)




中学生の時のカンジダ体験談

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

私が生まれて初めて『カンジダ』にかかったのは中学二年生の夏でした。

テニス部で青春を謳歌し、勉強や友人関係に時には悩むことのあった、ごく普通の女子中学生です。

ある日の授業中、妙に股間が痒くなったのを感じました。

しかし場所が場所だけに手を突っ込んでボリボリと掻くわけにもいきません。

私はひたすらその授業を耐え、チャイムと共にトイレに駆け込み個室の中で下着の上から思い切り掻いたのです。

折しも季節は夏。

思春期にかくおそろしい汗の量も相まって不快感が最高潮です。

これがカンジダの始まりでした。

その日から私は、正体不明の股間の痒みと孤独な戦いが始まりました。

すぐにおさまるだろう、とか、不潔になってたのかな(あせもかもしれないと思い)、お風呂でよく股間を洗ったり、下着を一日二回替えたりと、ささやかな努力はしました。

しかし痒みは一向におさまらず、場所も時間もわきまえず私に襲いかかってきます。

あまりの痒みに陰毛をハサミでカットもしました。

夜も眠りづらくなり、一週間ほどしてから母親にようやく相談しました。

「お股が痒くて眠れない」と。

ええ、とても恥ずかしかったです。

どう言っていいのかわからず「あそこ」と母親に言うのもためらわれ「お股」と言ったのをよく覚えています。

症状を話した私は、母親に婦人科に連れられました。

中学生に婦人科はとても怖かったのを覚えています。

性経験はなかったのですが、そういうことを聞かれるのだろうかと憂鬱にもなりました。

しかし、何を置いてもこれ以上我慢はできない痒みだったので、素直に病院の門をくぐりました。

結果から言うと、不潔によるカンジダ、ということでした。

不潔と言っても入浴や着替えは普通にしていたのですが、夏という季節、屋外での部活動、自分の体調などなどの要因で発症したとのことです。

病院ではカンジダ治療の内服薬と塗り薬が一週間程度、処方されました。

特に塗り薬を使うのは緊張しましたが、薬のおかけでものの数日で痒みはおさまりました。

掻きすぎたことによるひっかき傷もありましたが、これも掻くのをやめられたことで治っていきました。

この病気は一度なると繰り返すことがあるから気をつけてね、と先生に言われたのが、アラフォーになった今でも忘れられなく、清潔には特に気を使っています。

また、疲れやストレスを感じた時も出やすいので、やはり何年か後にまたカンジダになってしまった時から、疲れもできるだけためないようにとは努めています。

そうしてもカンジダが再発したことはありました。

私の症状はとにかく「痒い」です。

痒くても人前で掻ける場所ではなく、それもストレスが貯まります。

掻きすぎて傷になり、眠れないというのも非常につらい病気です。

できればカンジダには今後一生、かかりたくはないですね……。

(東京都豊島区 P子さん)

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。




カンジダにかかり婦人科に行き治療しました。

自分ではあまり疲れたと思っていませんでしたが、考えてみると残業が続いていて、不規則な生活を送っている時でした。

ショーツにつくおりものが普段と違うことに気が付きました。

ネットで調べてみると、まさに〝カッテージチーズのようなぼろぼろとしたおりもの〟がたくさんつくのです。

自分の判断でカンジダだと断言できました。

忙しかったので放置していて自然に治ることを祈っていましたが、そうもいかず、毎日かゆくて不快でした。

あまりにもかゆさがひどいので他の病気に移行するのではないか、と心配になってきたので、仕事も多少落ち着いた時にやっと診察を受ける決心をしました。

ところが私はその時点でまだ1度も婦人科に行ったことがなかったため、とても抵抗があり、近所のお医者さんに行って、出たところで知っている人に見られたら…だとか、お医者さんに変な風に思われたら嫌だなぁ、とかいう懸念があったため、行ける中で1番大きいターミナル駅の、たくさんの患者さんがいて流れ作業的にことが運びそうなクリニックを調べて、行く決心を固めました。

実際に行ってみると、カンジダ以外の何物でもなく、膣を消毒液のようなもので流し、薬をしみこませてあるというたんぽんのような物を挿入してさっさと治療は終了しました。

お医者さんは患者の顔もよく見てないような老先生で、希望通り流れ作業的でした。

看護師さんや受付のスタッフの人も流れ作業的でよかったのですが、多少怖そうな人が多く、私語もよくしていたので噂されていたらどうしよう、となぜか心配しながら帰りました。

特に処方された薬もなく、たんぽんのような物は翌日くらいに取り、しばらくしたらかゆみも止まっていました。

今生活で特に気にしていることはありませんが、もしまたカンジダになったら躊躇せずにさっさと婦人科に行けそうです。

(大阪府箕面市 kariyomiさん)




カンジダの予防はデリケートゾーンを清潔にする事です。

私はカンジタ症によくなります。

でもそのたび、お医者さんに診てもらうのが面倒だし恥ずかしいのです。

そのため自分でできるカンジタ症の対処法を考えたのです。

それはとにかく清潔にする事だったのです。

カンジタ症になるのは、不潔にしているからです。

もちろんそれだけではないのです。

生理前のホルモンの変化もあります。

そしてエイズの感染などもあるのです。

でも不潔な下着をつけていたり、ナプキンを替えないでいるとカンジタ症になってしまう時もあるのです。

そうならないために、いつも清潔を心がけたいと思います。

デリケートゾーンを湿ったままにしてはいけません。

お風呂上りやシャワー後には、ちゃんと乾かす事です。

それに生理中のナプキンも、こまめに交換をしないといけません。

そして排便や排尿をした後、トイレットペーパーで拭く時も重要なのです。

ちゃんと、前から後ろへと拭き取らないといけないのです。

少しでもかゆいな、と思ってもかいてはいけません。

患部を刺激してはいけないのです。

もっとひどくなって、炎症を起こしてしまうのです。

一番してはいけない事があります。

それはお風呂場で、外陰部を洗う時です。

石鹸を使って、ゴシゴシ洗ってはいけないのです。

軽く洗う程度でいいのです。

石鹸などで強く洗うと、刺激をして炎症を起こしてしまいます。

そしてカンジタ症になってしまうのです。

毎日清潔で優しく扱う事が、とても大事なのです。

こういったちょっとしたケアで、カンジタ症は対処できるのです。

(三重県 ななみんさん)




繰り返すカンジタには病院に行き膣の中にカンジダの薬を入れてもらっています。

高校生の時にかかってしまってから、何度も何度も繰り返すカンジタ。

疲れた時や、睡眠不足の時に、陰部が痒くなる事が多々あります。

痒みが出た後にすぐに生理が来ると大丈夫なのですが、その時はどうしても陰部に塗る市販薬だけでは治らないので、病院に行かなくてはなりません。

イツモとは違うカサカサした白いおりものが出て、痒みそして、陰部の赤みがひどいです。

おりものを見ると、ただのかぶれなのか、カンジタなのかすぐに分かります。

カンジタになると通院が面倒臭いのですが、それでも痒みには勝てません。

病院で膣の中に、カンジタの薬を入れてもらい、それを週に1回3回行います。

その間に生理が入ってしまうと、それが4回に延長。

本当に最悪です。

痒みは薬を入れて1週間位したら治りますが、外の赤みは10日程かかりますし、痒みから痛みに変わります。

私だけかもしれませんが、週に1回薬を膣の中に入れた後は子宮も痛む気がします。

陰部に塗る塗り薬はしみますし、膣から出てくる薬の残骸が不快さを更に増します。

カンジタ良い事は何もないので、ならない様に清潔にしたり気を付けているのですが、清潔にしているからといってならない訳ではない様で、結果何度も何度も繰り返します。

出来る限り、なる回数を減らす為に、カンジタになってしまった時の下着は性分し、新しい物に変えたり、洗い過ぎも良くないと聞くので、適度にお風呂でも洗う様にしたり、むれない様な努力をしています。

(鹿児島県出水市 ここんさん)




妊娠中ガンジダにかかりましたが、薬(膣剤)を入れて一週間ほどでよくなりました。

私はなんと25歳の妊娠中にガンジダにかかってしまいました。

この病気になればとっても痒みがすごいのです。

親にもなかなか「痒くて」と相談できないですよね。

詳しい友達に聞いても「これ病気だよ」なんていわれると恥ずかしいし・・と考えました。

また当時妊娠中だったので産婦人科にかかっていて
「やばいよ!」といわれたらどうしよう・・という怖さがありました。

しかしこれをいったら「あ、そうよくあるんだよね。妊娠中は体力や免疫が弱くなるからガンジダになりやすいんだよ」と医師が言ってくれ赤ちゃんに何かあったらと心配していたのでとっても安心しました。

このときは台に乗って、足を広げて膣の中を洗ってもらい清潔にしました。

ガンジダはおりものの検査をしてもらうとすぐに結果がでるので安心です。

中に錠剤をいれると一週間ほどでよくなるそうです。

しかしまた体が弱ったときや風を引いたときは悪くなる可能性があるということを医師に伝えられました。

ガンジダは一週間でよくなり、あの我慢できないほどの猛烈な痒みは消えました。

行く前は恥ずかしくて、どうしようとおもっていましたが、妊娠中で胎児のことも心配でしたので
とりあえず受けてみてよかったなと思いました。

夏場はとくになりやすいようで、私も妊娠中は夏場でしたので、それで群れてカビ菌が増殖したようです。

風邪を引くと必ずガンジダになるひともいるというので、少し怖い名と思いましたがよくある病気ならしょうがないなとおもいました。

(福岡県 福岡市 ゆかりさん)