カンジダを格安の市販薬で治しました。

カンジダにかかったら、市販薬で治しています。

私はカンジダ症にかかったあと、仕事がきつくなったり、疲れた時によくカンジダ症が再発するようになりました。

最初は病院に行っていたのですが、仕事が忙しい時なので、病院に行くのも大変です。

そこで、カンジダの市販薬を買って、治療していました。

カンジダ座薬塗り薬

市販薬は膣錠が約2000円、塗り薬が約1200円します。

病院に行く時間や治療代を考えると安いのですが、こう再発すると薬代もバカになりません。

安い治療薬がないか探してみると、海外から個人輸入すると格安で販売しているました。

カーネステン膣錠というのがあり、カンジダの市販薬として売られているエンペシド膣錠と同成分だそうです。

値段も1箱100mgの膣錠が6錠入っています。

カンジダ座薬

値段は送料込で1,563円(海外からの通販なので、為替によって値段は変わります。最新の値段は販売サイトで確認してください。)

大きさはちょっと大きな感じで入れにくいのですが、慣れれば、問題なく入るようになりました。

変だなと思ったら早めに治療しているので、だいたい数日で治ります。

カンジダがよく再発する方で、薬代を安くしたい方にはおすすめと思います。

常備薬として購入しておいてもいいと思います。

また、陰部周辺のかゆみに塗りすぐりも販売しているので、合わせて購入しておくといいと思います。

カンジダ塗り薬

>>格安のカンジダの市販薬(膣錠)の購入はこちら

>>格安のカンジダの塗り薬の購入はこちら



カンジダになった時は病院で処方された薬や市販のフェミニーナ膣カンジダ錠で治療しています。

私はカンジダの常習犯です。

今までに三度カンジダにかかっています。

一回目にカンジダにかかった時は仕事が大変忙しく、睡眠もろくに取れておらず精神的なストレスも非常に大きかったときです。

その一度でカンジダにかかる癖がついてしまったのか、二回目と三回目は妊娠中にカンジダにかかってしまいました。

妊娠中はただでさえカンジダになりやすいようなので、完全に癖になってしまったのですね……。

カンジダにかかた三回とも共通して、おりものが白くポロポロすることと、陰部に痒みがあったので、とても自然治癒では治らないなと思う症状でした。

一回目いカンジダにかかった時はかかりつけの婦人科に行き、二回目は妊婦検診時に指摘あり、三回目は次回の妊婦検診まで日が開いてしまったときの発症だったので、市販のカンジダの治療薬で治しました。

一回目と二回目は病院で処方されたカンジダ膣錠を一週間分使い、三回目は市販のフェミニーナ軟膏と、同じくフェミニーナ膣錠を一週間分(一箱)を使いました。

カンジダの市販薬の軟膏と膣錠は合計で3000円程かかってしまい、病院にかかるのとどちらが安いかくらいの金額だったので、次回の検診を待たずにすぐ病院へ行ったほうがよかったなと少し後悔しました。

いつの時も大体膣錠を使いきるタイミングの一週間で完治しています。

膣錠を使い始めるとすぐに陰部の痒みが治まってきて、気がつくとおりものもいつもと同じようになっているのが三度とも共通です。

体の環境が変わるとカンジダにかかりやすいような気がするので、なるべくストレスはためず、睡眠をしっかり取るようにはいつも心がけています。

(長野県佐久市 みかこさん)




陰部周辺のかゆみがあるカンジダを内服薬(ハリゾンシロップ)で治しています。

>>カンジダの内服薬の購入はこちら<<

私が初めてカンジダになったのは、就職してすぐのことです。

はじめに陰部周辺のかゆみが出たことが発症の始まりでした。

それが一週間くらい続くと、おりものが今度は変化してきたのです。

量が増えて来て、色もやや濃くなった感じ。

そのためにやはりおかしいと思い産婦人科へ行ったのです。

特に男性から感染したという心当たりもなかったので、私はまさかカンジダとは思っていなかったのですが、医師の診察によると、カンジダは真菌、つまりカビによる感染だから、男性と接触が無くても発症するといわれたので、正直驚きました。

その後治療ではハリゾンシロップ(ファンキゾンジェネリック)という薬を1週間内服しました。

その1週間内服した後に再受診をして診察を受けましたが、まだ内服を続けて方がよいだろうということで、あと一週間内服を継続しました。

その間に、陰部周辺のかゆみは軽減し、おりものも通常のものに戻った感じはしました。

医師からは一度カンジダになると、疲れなど出ると再発をしやすい、そのためにストレスはためないこと。

また清潔を保たないといけないから通気の良い下着を見につけることと指導を受けました。

現在は医師のいうことを守って、生活を急いていますが、やはりストレスがたまるとかゆみが出てくるような気がします。

そんな時には、清潔を保って早寝早起き、ストレス解消に心掛けて生活をして、ひどくならないうちに治せるように気を付けています。

出来ればもうカンジダは繰り返したくないなと思っています。

(福島県福島市、ひろさん)

>>カンジダの内服薬の購入はこちら




性器カンジダはフェミニーナ腟カンジダ錠で治しています。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

病気というものには、がんや糖尿病など命の危険に関わるほどの恐ろしいものもあります。

けれどもそういったものばかりではなく、恥ずかしくて他の人に言い出せないような病気もあります。

例えば自分の性器に関わる病気であった場合は、なかなか人には言い出せないものです。

下手をすると、家族にさえ言い出せないこともあるほどです。

実は私もカンジダという、恥ずかしくて他の人には公表できない病気に悩まされていました。

私の場合のカンジダの症状は、とにかく痒みがひどかったです。

仕事などで外出している時であっても、あまりのカンジダの痒さに股間をかきたくなってしまいます。

けれどももちろん人前で股間をかくことなどできるわけがありません。

TPOをわきまえれば当然のことです。

特に女性が人前で股間をかきむしっている光景などを目にしたら、どうでしょうか。

もはや衝撃としか言いようがないのではないでしょうか。

そこで私はフェミニーナ腟カンジダ錠という市販の医薬品を使いました。

結論から言うと、このフェミニーナ膣カンジダ錠でカンジダを治すことができました。

痒みがなくなったことによって、すごく気が落ち着きました。

何も病気をしていないことがどれだけ幸せなことなのかを、身をもって実感しました。

腟カンジダ錠は小林製薬が製造しています。

このフェミニーナ膣カンジダ錠のすごい所は、痒みを抑えるだけではなく、根本から治療を行ってくれるため、再発することがない点です。

有効成分オキシコナゾール硝酸塩が配合されているため、カンジダにしっかりとした効果があります。

とてもコンパクトなサイズの腟錠であるため、膣への挿入が簡単です。

私は突然の痒みにそなえて、いつもフェミニーナ膣カンジダ錠を常備薬として持っておくようにしています。

(東京都、北区、しーちゃんさん)

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。




再発を繰り替えすカンジダを市販のメディトリートで治しています。

初めてカンジダにかかったのは30歳の時。

仕事で忙しくしていた時期に飲み会でたらふく飲んで食べた次の日の朝、デリケートゾーンの灼けるような痒みとカッテージチーズ様のおりものにただごとではないことをすぐ感じ、その日は日曜だった為月曜日に即婦人科を受診。

症状だけ聞いてドクターの「まあ間違いなくカンジダでしょう」との診断でその時は膣材と塗り薬を処方されすぐに治りました。

その先生は具体的に何も説明されなかったのですが膣材は入れた数日後に溶け出して下着にべったり汚れ(白いおりもの様のもの)がつくので私はとてもびっくりしたのですが、その後何度かかかった際はそれが薬だということを知ったので最初から生理用ナプキンを着用していました。

初めての時は何の薬を使われたのか覚えていませんが、その後再発を繰り返すようになったので都度病院は受診せず薬局で第一種薬品を扱っているところで市販薬を購入しています。

大正製薬のメディトリートシリーズを使っています。

購入の際は「過去にカンジダにかかって受診を受けたことがあるか」ということを確認されます。

初めてかかった場合は必ず病院受診が良いと思います。

更に市販薬を使用して1週間経過しても治らない際は必ず病院を受診することも伝えられます。

私の場合疲れがたまった時、暴飲暴食が続いたとき、インフルエンザで薬を飲んだ後によくなりますが、糖尿病の方も再発を繰り返すといわれています。

頻回になる方は糖尿病の検査も必要かもしれません。

(島根県松江市 おきらくごくら君さん)




男性です。カンジダ性亀頭包皮炎をロテュリミンAFで治しました。

私は30代前半の男性です。

以前、性交渉後に、かゆみやムズムズしたような感覚、また表面が赤くなるような症状がありました。

パートナーにはどのように説明すれば良いのか、また影響が無いかなど罪悪感で胸がいっぱいになってしまいました。

何か心当たりがありませんでしたが当然簡単には打ち明けられませんでした。

そこで病院に行き、診察すると診断結果はカンジダ性亀頭包皮炎でした。

これは、カンジタ菌が原因で起こる亀頭包皮炎のことらしいです。

カンジタ菌とはカビの一種で、つまり、水虫をイメージして頂ければわかりやすいとのことでした。

ちなみに、これは性病ではありません。

カンジタ菌は常在菌といって、女性の膣の中に存在している菌です。

では、ペニスに何か異変があった時には皆さんが取る行動はどれでしょうか。

私はいつもより丁寧に洗ったり、熱いお湯に浸したりしてみました。

ほんの少しの痒みであった為に最初は性病を疑うよりも先にかぶれなどを疑いました。

ここが注意しなければならない重要ポイントです。

ペニスを清潔にしておくのはもちろん大事ですが、カンジダ性亀頭包皮炎はどんなに洗っても良くならないのです。

むしろ、洗いすぎてしまうことで症状が悪化してしまうことが多いですね。

そのため、性行為を行うことによって女性から男性へと感染するケースもあるようです。

性行為が原因だったとしても、性病ではないのと聞いて安心しました。

女性の場合、抗生物質を飲んだり体の抵抗力が落ちることで発症してしまう方が多いです。

そして、とても厄介で一度発症してしまうと、何度も再発してしまうのです。

私の場合は少しの期間、ロテュリミンAFを使用しすぐによくなりました。

(岡山県岡山市 ハーマイオニーさん)




カンジダを膣剤、塗り薬、ビタミン剤で治しました。

カンジダ膣錠、塗り薬

私は20代の頃、アルバイトをかけもちしていた時期があります。

慣れない一人暮らし、アルバイト一つでは生活費に不安がありかけもちで週2回ほど飲食店のアルバイトも増やしました。

今思うとアルバイトといえど、しっかり働いていたのでかけもちしなくても生活できていたと思うのですが当時は若かったので金銭感覚がわからなかったんだと思います。

さて、働きすぎると当然睡眠時間が減り、疲れます。

ある朝、トイレにいくとあそこがかゆいような痛いような変な感覚、そしておりものに白いカスのようなものがたくさんまじってどんどん出てくるのですっかり怖くなってしまいました。

すぐにおかしいと気がついて病院に行きました。

先生からカンジダですね、これはと言われました。

性交渉などしていないし、どうして?と思う私に、先生は丁寧に説明してくれました。

別に性交渉など関係なく、病気などで抵抗力が落ちた時なんかにカンジダ症になりますよ、最近病気しませんでしたか?と聞かれました。

たしかに熱が出て、抗生物質を1週間ほど前に飲んでいたので納得でした。

思っている以上に体力が落ちていたようです。

治療は膣剤を入れてもらい、塗り薬をもらい、あとはビタミン剤ももらって帰りました。

すぐに薬が効いて、たくさん白いおりものが出てきました。

気持ち悪かったですが、それで一気に痛み、かゆみもなくなり、あとは塗り薬をお風呂上りなどに塗り、数日もせずに治りました。

ただ、カンジダというのは癖になります。

それから2回ほど再発しました。

妊娠した時と、仕事で忙しかった時です。

体力が落ちている時はカンジダが再発しないよう注意をしています。

万が一のために常備薬として、
カンジダの膣錠と塗り薬を常備薬として保管しています。

IMG_0379

上が膣錠、下が塗り薬です。

日本のものと比べて値段が安いのがいいです。

日本製なら、エンペシド、フェミニーナ、メディトリートなどの膣錠があり、値段は2000円から3000円します。

通販で買えば、別に送料もかかります。

それにと比べて、私が買っている海外製のものは、1箱で約1500円、2箱なら2500円ですみます。

それに送料は無料です。

塗り薬は20gの大きさで、たっぷりあります。

カンジダ塗り薬

日本製はだいたい10g入りなので、2倍の大きさです。値段は日本製と同じなので、コスパがいいです。

最初は海外製ということで、少し心配でしたが、注文して一週間ぐらいでちゃんと届きました。

使用してちゃんと治ったので、海外製でも全然心配する必要はありませんでした。

もし、カンジダが再発しやすい体質の方は常備薬として、膣錠と塗り薬を保管しておいたらいいかと思います。

(福岡県北九州市 チョコレートさん)

>>カンジダの膣錠の購入先はこちら





しつこいカンジダをフェミニーナ腟カンジダ錠で治しました。

私は子供の頃からひどいニキビに悩まされてて、皮膚科ジプシー状態だった。

でも処方された塗り薬じゃ効果が得られず、病院に行ってはニキビ治療用の抗生物質を出されてね。

そんな調子が2年くらい続いたの。

抗生物質まみれというか、今考えると抗生物質って長期間飲むものじゃないのよね。

その弊害で、私の腸内細菌は悪玉菌ばかりになったんだと思う。

悪玉菌の影響で、当然カンジダ菌が優勢になっちゃったんだろうなぁ。

初めてカンジダになったのは高校生くらいのとき。

ショーツにカッテージチーズのようなオリモノがつく日が続いて。。

女子はみんなオリモノが当たり前だと思ってたけど、ネットで調べたらそれが当たり前じゃないことに気づいたの。

カンジダって性行為が多い人がなりやすいイメージがあったから、なんだかとっても恥ずかしかったのを覚えてる。

でも高校生の私は、誰にも相談することもできず、もちろん皮膚科のせいで病院を信頼してなかったから、放置してしまったの。

それから何年かたち、カンジダ治療することに決めて、野菜を沢山とったり海外からカンジダ用サプリを取り寄せたりしてできるだけ根本から治すよう努力した。

だけど、サプリだけじゃ効果が見えにくくて、ドラックストアで売ってた「フェミニーナ腟カンジダ錠」を購入。

値段は2500円くらいだったかな。

腟に挿入するだけだから簡単だったし、4日くらいで痒みやおりものも少なくなったの。

あれだけ悩んだ日々は何だったのっ?!ってくらい速効性があった。

再発するのは嫌だから、食事にニンニクを入れたり、除湿機を1日中かけるようにしたり万全なカンジダ対策してるよ。

カンジダって再発しやすいから食事、睡眠、ストレスを見直す良いきっかけになったかも。

(千葉県市川市湊町 まーちゃんさん)




カンジダはサプリ(フェミプロバイオ)で予防しています。

私はカンジタ症を対処するために、サプリを飲んでいます。

そのカンジダ症のサプリメントは友人から聞いたものでした。

一回カンジタ症になった時、とても悩んでいたのです。

病院へ行くのが恥ずかしかったのですが、仕方がないので行く事にしました。

でも二度目は行きたくないと思ったのです。

本当にとても恥ずかしいからです。

だから何とか自分で治したいと思い、友人に相談したのです。

すると友人が実行しているカンジダの予防方法を教えてくれたのです。

それはサプリを飲む事だったのです。

そのサプリはドクターズチョイスのフェミプロバイオなのです。

このサプリは膣の環境改善に役立ってくれます。

普段から膣が正常な状態でいると、カンジタ症にならなくなるのです。

そのためのサプリでもあったのです。

一日にたったの一粒飲むだけでいいのです。

それにサプリなので、全く副作用の心配もないのです。

普段から気になっているにおいや、オリモノも解消されるのです。

もちろんすぐに効果が出るものではありません。

でもカンジタ症の対処には十分なっているのです。

薬でもないので、毎日安心して飲む事もできるのです。

毎日とても快適に生活ができるようになりました。

あんなにもカンジタ症に悩んでいたのが、今では嘘みたいです。

乳酸菌なので膣だけじゃなくて腸もスッキリしてきました。

これでカンジタ症で病院へ行く事もなくなりました。

あんなにも恥ずかしい思いをしないでもいいのです。

カンジタ症対処法としては、とても簡単にできるので嬉しいです。

カンジダの再発にお悩みの方は一度試してみるといいと思います。

(三重県 ななみさん)

>>カンジダはサプリ(フェミプロバイオ)の購入はこちら







カンジダ症は病院で処方してもらったオイラックスで治しました。

【人気記事】再発するカンジダ膣炎を格安の市販薬で治しています。

私がカンジダ症になったのは、結婚して間もない頃でした。

強い痒みがあり、それがおりものがあると同時だったので、気持ちが悪くすぐ産婦人科へ行きました。

検査をして、「カンジダです。性交経験者にしか見られない病気です」と言われましたが、初めて聞く病名でよくわかりませんでした。

※管理人注、カンジダは性交経験者以外でも感染する病気です。

薬は、膣の中に入れる座薬と、塗り薬としてオイラックスが処方されました。

膣に入れる薬は1日1回で3日分、オイラックスは1日3回塗ることになっていましたが、痒みが強い場合は塗って良いということでした。

その頃は働いていたので、仕事中も痒み出た時は、トイレへ行って薬を塗りました。

また、カンジダの座薬は溶けると白い成分が下着に下りて来るので、ちょっと困りました。

生理用のナプキンを当てると良いと思います。

膣の中に入れる座薬の方の名前はわかりませんが、カンジダ菌を殺すものだということでした。

1週間程でもう一度検査をして、菌が無い事がわかり、治癒しました。

先生の話では、夫も検査を受けた方がいいんだけどね、とのことでしたが、特に強く言われなかった所為か、夫は病院へは行きませんでした。

先生のお話から、感染源は夫だったようです。

中にはカンジダを繰り返す人もいるそうですが、取りあえず市販のオイラックスやフェミニーナ軟膏を塗って痒みを抑えても、必ず医療機関で検査をして貰う方が良いと思います。

まず、その痒みがカンジダかどうかを検査し、また薬を使い終った後、確実に菌が無くなっているかの再検査も必要だからです。

(埼玉県 ツタンらーめんさん)

>>オイラックスの購入はこちら